世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

2013年「ワイヤレス&センサ」ビジネス×自動車(車)アプリケーション(AP)探索総調査ならびに潜在市場規模算出【ピンポイント調査(マルチ企画)】

 

出版社 出版年月電子版価格 ページ数
ESP総研
2013年6月¥500,000 (税別)
PDF(CD-R)
97

サマリー

【はじめに】

 2013年度に入り第一四半期も残すところ1か月未満となったが、今後「ワイヤレス&センサ」ビジネスを自動車業界向けに積極的に展開しようと計画しているITベンダにとって、「ワイヤレス&センサ」ビジネス×自動車(車)分野におけるターゲット・リスト作成すること、「ワイヤレス&センサ」ビジネスを今後自動車(車)分野で展開していくための新規&有望アプリケーション(AP) を網羅的に抽出すること、「ワイヤレス&センサ」ビジネス×自動車(車)AP 別×潜在市場規模算出(トータル/大分類/中分類/小分類 別)を行うことが求められている 。

 その背景にあるのは、まずは「自動車(車)業界」が好景気であることと、時代の流れとして、自動車(車)分野において、“「有線(ケーブル)」から「無線(ワイヤレス)」へ“といったイノベーション(変革)が求められているなどが挙げられる。

 今後、自動車(車)分野において「ワイヤレス&センサ」がどういった領域・分野で使われていくのか?また、自動車(車)分野において「ワイヤレス&センサ」 ビジネスに関する新規需要としてどの程度の規模があるのか?を徹底して調査して欲しいといったご要望を頂いた。

 従ってESP総研では、「ワイヤレス&センサ」ビジネス×自動車(車)分野におけるターゲット・リスト作成を行った上で、 「ワイヤレス&センサ」ビジネスを今後自動車(車)分野で展開していくための新規&有望アプリケーション(AP) を網羅的に抽出し、さらに 「ワイヤレス&センサ」ビジネス×自動車(車)AP 別×潜在市場規模算出(トータル/大分類/中分類/小分類 別)を可能な限り実施した。その結果、“2013年「ワイヤレス&センサ」ビジネス×自動車(車)アプリケーション(AP)探索総調査ならびに潜在市場規模算出”をレポート化することとなった。
 
 今回、ご多忙にも関わらず「当該調査」にご協力頂いた「日立製作所 情報・通信システム社 通信ネットワーク事業部」の皆様にはこの場を借りて心から深く感謝申し上げると共に、この調査報告書が、今後、自動車(車)分野に対して「ワイヤレス&センサ」ビジネスを積極的に展開しようと考えている全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

【サブタイトル】

~ 1)「ワイヤレス&センサ」ビジネス×自動車(車)分野におけるターゲット・リスト作成 2)「ワイヤレス&センサ」ビジネスを今後自動車(車)分野で展開していくための新規&有望アプリケーション(AP) を網羅的に抽出 3)「ワイヤレス&センサ」ビジネス×自動車(車)AP 別×潜在市場規模算出(トータル/大分類/中分類/小分類 別)~

【調査対象】

1)Web上にて「ワイヤレス×車」「ワイヤレス×自動車」「センサ×車」「センサ×自動車」と言及している事業者(プレイヤー)<154社・団体>などを中心にヒアリングならびに情報収集を実施
2)「自動車(車)アプリケーション(AP)」に関する(実態)市場規模については、ESP総研 専門調査員によって独自に調査を実施

(自動車(車)アプリケーション(AP) とは、ワイヤレス給電、充電スタンド、アクティブスピーカー 、カーナビゲーションシステム、ジャイロセンサ、ビューモニターカメラ、イモビライザー、カーアラーム、カーセキュリティシステム、盗難防止装置、 ETC車載器、シャシー制御、車輪速センサ、電動ミラー(角度調整+格納) 、ヨーレイトセンサ+ステアリングセンサ、ハイトコントロールセンサ、電動パワーステアリング 、スピードメータ類、安全・快適制御、超音波センサ、 ESC・TCS装置、車間距離制御、車線維持支援、加速度センサ、先進運転支援システム(ADAS) 、駐車支援、プリクラッシュ・セーフティ・システム、レーザーセンサ、人感センサ、ダッシュボード&パネル、前照灯(ヘッドランプ) 、カーエアコン、シリンダ・ライナ+ブレーキ・シリンダ、スロットルポジションセンサ、トランスミッション(自動+手動+部品) 、ノックセンサ、車載用電流センサ、バキュームセンサ、バッテリモニタリング(HEV+EV) 、パワートレイン制御システム、全領域空燃比センサ、油温センサ、 A/Fセンサ、 DC-DCコンバータ、 ECU(エンジンコントロールユニット) 、エアフローメーター 、O2センサ、アクセルポジションセンサ、アクチュエータ、イグニッション・コイル、インバータ、スタータモータ、エンジン制御、カムポジションセンサ、エンジン制御用温度センサ、クランクポジションセンサ、シートベルト、車両制御システム、タイヤ空気圧センサ、車輪速度センサ、タッチセンサ、ウィンドシールド・ウォッシャ、 ABS(アンチロックブレーキ) 装置、 ABSセンサ 、ブレーキ関係電子装置、ブレーキコバイワイヤー 、スイッチ類、ミリ波レーダー(準ミリ波レーダーを含む) 、 ITSの情報通信サービス+車載器などの端末機器+ITS情報通信システム(インフラ関連) 、通信、駐車場管理誘導システム(管理・案内・誘導システム) 、高速道路維持管理 などの72品目を中心に調査した。)
 

【調査方法】

・弊社専門調査員による網羅的な情報収集、弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査&レポート期間】

・ 2013年4月25日(調査開始)~2013年5月28日まで深堀調査を実施した。その後、レポーティング(集計&分析)を実施し、2013年6月5日に集計&分析ならびにコメント化が終了した。

【ピンポイント調査(マルチ企画)】とは?

1)「自主企画調査」が不特定多数を対象とした「調査レポート」(定価は10万円未満/冊・枚)であるのに対し、「ピンポイント調査(マルチ企画)」は不特定多数を対象としているものの、特定の業界に特化した「調査レポート」(定価は100万円未満/枚・PDF 等)となります。
2) 「ピンポイント調査(マルチ企画)」を実施する背景には、不況などの影響により、お客様の方で「個別調査」に対して従来通りコスト(数百万円以上/テーマ)をかけられない!といったご要望にお応えするなどがあります。
3)つまり、「個別調査」を実施したいものの100万円未満/テーマしか調査予算がない「クライアント」様のご要望を満たすための「調査レポート」内容となっております。
4)基本的に、最低で5社以上からの「ご注文」または特定の企業様からの強い「ご要望」「リクエスト」があった場合に「ピンポイント調査(マルチ企画) 」を実施しております。
5)なお、「ピンポイント調査(マルチ企画) 」レポートは、個別調査、特別企画調査ではなく、あくまで出版物としての位置付けですので、権利の帰属、つまり成果物(本報告書及びその記載内容を含む)の著作権などは、(株)ESP総研に帰属します。



目次

【目次】

Ⅰ.総括 編 P1

1)大分類&集計・分析(「ワイヤレス&センサ」ビジネス×自動車(車)AP 潜在市場規模【2012年度(実績) *単位:百万円<ESP総研 推定>】 ) P2
2-1)中分類「1.自動車給電・充電関連」&集計・分析(「ワイヤレス&センサ」ビジネス×自動車(車)AP 潜在市場規模【2012年度(実績) *単位:百万円<ESP総研 推定>】 ) P3
2-2)中分類「2.車載オプション関連」&集計・分析(「ワイヤレス&センサ」ビジネス×自動車(車)AP 潜在市場規模【2012年度(実績) *単位:百万円<ESP総研 推定>】 ) P4
2-3)中分類「 3.車体(内外)装備関連」&集計・分析(「ワイヤレス&センサ」ビジネス×自動車(車)AP 潜在市場規模【2012年度(実績) *単位:百万円<ESP総研 推定>】 )<1> P5
2-3)中分類「 3.車体(内外)装備関連」&集計・分析(「ワイヤレス&センサ」ビジネス×自動車(車)AP 潜在市場規模【2012年度(実績) *単位:百万円<ESP総研 推定>】 )<2> P6
2-4)中分類「4.情報通信関連」&集計・分析(「ワイヤレス&センサ」ビジネス×自動車(車)AP 潜在市場規模【2012年度(実績) *単位:百万円<ESP総研 推定>】 ) P7
2-5)中分類「5.道路・周辺施設関連」&集計・分析(「ワイヤレス&センサ」ビジネス×自動車(車)AP 潜在市場規模【2012年度(実績) *単位:百万円<ESP総研 推定>】 ) P8

3)小分類(「ワイヤレス&センサ」ビジネス×自動車(車)AP 潜在市場規模【2012年度(実績) *単位:百万円<ESP総研 推定>】 ) P9

4)「ワイヤレス&センサ」ビジネスを今後自動車(車)分野で展開していくための新規&有望アプリケーション(AP) を網羅的に抽出(出典先企業・団体名入り) P17

5)「ワイヤレス&センサ」ビジネスを展開する上で重点ターゲットとなる自動車(車)ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(154社/部門) P64

奥付け

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る