世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

進むコードカッティングとネットワークのD2C化

2020年 The Compass 年鑑レポート- NSI Research

 

出版社 出版年月電子版価格 ページ数
データリソース
Data Resources, Inc.
2020年6月¥70,000 (税別)
PDF(Email 添付)シングルユーザライセンス
54

※複数ライセンスをご検討の際はお問い合わせ下さい。

サマリー

レポート概要

NSI Researchが調査、データリソースが発行する2020年 The Compass レポート – 進むコードカッティングとネットワークのD2C化は、アメリカのテレビ放送市場におけるストリーミングサービスの動向を分析したレポートです。

米国放送市場はストリーミング視聴が増加する一方、多チャンネルサービスへの加入者は大きく減っています。放送での視聴者が減り、今まではストリーミングによる視聴者への直接配信(Direct-to-Consumer、D2C)には慎重であったTVネットワークも続々とOTTビデオサービスを開始しています。

本レポートは構造変化が加速するアメリカ放送業界における、政府や主要プレーヤーの主要動向や最新の市場統計数値を報告しています。

 

レポートトピック

  • 放送/OTT市場の構造
    • 市場構造
    • コンテンツとネットワーク
    • 放送事業者
    • OTTビデオサービス
    • ストリーミング・プレーヤ
    • 業界勢力図
  • テレビ視聴の変化
    • 放送離れ
    • ブロードバンドでのビデオ視聴
    • ビデオ・エンターテイメント
  • 進むコードカッティング
    • 多チャンネルサービスの衰退
    • 主要事業者の動き
  • TVネットワークのD2C化
    • OTTビデオサービスの変化
    • TVネットワークのOTTサービス
    • リード・ヘイスティングスの予言

 


 

当レポートは、データリソース発行の年間購読サービスThe Compass」の年次報告書としても提供しています。

 

年間情報サービス「The Compass」とは

年間情報サービス「The Compass」は、米国における放送規格や政策、視聴者動向についての分析、主要プレーヤーの最新動向など、米国TV放送市場関連の最新情報を、マンスリーレポート(年12回発行)と年鑑レポート(年1回、7月頃発行)で提供するサブスクリプションです。

コンテンツ制作会社や、編成・配給会社、放送・配信事業者、放送デバイス提供会社など、様々な角度で放送に携わる事業者が必要とする情報を、長年米国を拠点に活動するNSI Research 代表Ted若山が調査、データリソースが編集し簡潔にまとめた、米国放送市場のモニタリングに適したサービスです。

詳細はこちらをご覧下さい。年間情報サービス「The Compass」

 



目次

目次

第1章 放送/OTT市場の構造

A.    市場構造
B.    コンテンツとネットワーク

  1. コンテンツ制作者
  2. TVネットワーク
  3. 多チャンネルネットワーク
  4. シンジケーター

C.    放送事業者

  1. 地上波放送局
  2. 多チャンネル事業者

D.    OTTビデオサービス

  1. TVOD
  2. SVOD
  3. AVOD
  4. TV Everywhere

E.    ストリーミング・プレーヤ
F.    業界勢力図

第2章 テレビ視聴の変化

A.    放送離れ

  1. テレビ視聴世帯
  2. DVR、ディスクプレーヤとUHD TVの保有

B.    ブロードバンドでのビデオ視聴

  1. ブロードバンドの普及
  2. OTTビデオ視聴

C.    ビデオ・エンターテイメント

第3章 進むコードカッティング

A.    多チャンネルサービスの衰退

  1. 多チャンネルサービスの背景
  2. コードカッティングの始まり
  3. vMVPD
  4. ブロードバンドの増加

B.    主要事業者の動き

  1. Comcast
  2. AT&T  
  3. Charter
  4. Dish Network
  5. Cox
  6. Verizon

第4章 TVネットワークのD2C化

A.    OTTビデオサービスの変化

  1. 市場動向
  2. Netflixとオリジナルコンテンツ
  3. 2つの新しいサービス

B.    TVネットワークのOTTサービス

  1. D2Cに動くコンテンツ事業者
  2. Disney
  3. Comcast
  4. AT&T
  5. ViacomCBS

C.    リード・ヘイスティングスの予言

第5章 データ



図表目次

図表 I 1 放送/OTTビデオ市場
図表 I 2 映画配給会社トップ10(2019年2
図表 I 3 コンテンツ事業者トップ5社のテレビ製作事業
図表 I 4 映画スタジオとTVネットワークの関係
図表 I 5 主要な地上波ネットワーク
図表 I 6 地上波ネットワークの視聴者数(2019年)
図表 I 7 トップ10全米多チャンネルネットワーク
図表 I 8 主要な有料(プレミアム)チャンネル
図表 I 9 テレビ局の分類と局数
図表 I 10 主要地上波局保有会社
図表 I 11 サービス別多チャンネル加入世帯数
図表 I 12 多チャンネルサービス事業者シェア
図表 I 13 多チャンネルサービス事業者トップ10
図表 I 14 OTTサービスの種類
図表 I 15 主要なTVODサービス
図表 I 16 主要なSVODサービス
図表 I 17 主要なAVODサービス
図表 I 18 ストリーミング・プレーヤのマーケットシェア
図表 I 19 業界勢力図

図表 II 1 TV視聴世帯率
図表 II 2 テレビの視聴方法
図表 II 3 ディスクプレーヤとDVRの保有率   
図表 II 4 UHD TVの設置世帯率
図表 II 5 ブロードバンド世帯数と加入率
図表 II 6 OTTビデオ視聴世帯数と普及率
図表 II 7 コネクテッドTV保有世帯と普及率
図表 II 8 OTTビデオ再生時間に占めるデバイスの割合
図表 II 9 コネクテッドTVの内訳
図表 II 10 アメリカのビデオレンタルと購入市場
図表 II 11 ビデオエンターテイメント市場
図表 II 12 購入、レンタル、VOD/SVOD

図表 III 1 多チャンネルサービス加入世帯数
図表 III 2 多チャンネルサービスのシェア
図表 III 3 多チャンネルサービスの加入者減少数
図表 III 4 多チャンネルサービス加入世帯数
図表 III 5 OTT多チャネルサービス
図表 III 6 ブロードバンドサービスのシェア
図表 III 7 ケーブルモデム対DSL/光
図表 III 8 主要ブロードバンドサービス事業者
図表 III 9 ComcastのブロードバンドとケーブルTV加入者数
図表 III 10 ComcastのFle8
図表 III 11 AT&Tのブロードバンドと多チャンネル加入者数
図表 III 12 CharterのブロードバンドとケーブルTV加入者数
図表 III 13 Dishの多チャンネル加入者数
図表 III 14 CoxのブロードバンドとケーブルTV加入者数
図表 III 15 Verizonのブロードバンドと多チャンネル加入者数

図表 IV 1 主要なOTTビデオサービスの利用者数(万人)
図表 IV 2 Netflixの加入者数
図表 IV 3 4大コンテンツ事業者の売上
 

 

 


 

著者紹介:若山(テッド)隆

オクラホマ州立大学イーストセントラル校のメディアとコミュニケーション学部学士。
カリフォルニアの調査会社Strategic Inc.の調査部長を経て、NSI Researchを設立

テレコムウォッチャー from USA
http://www.dri.co.jp/dri_f/watcher/usindex.htm

若山(テッド)隆が執筆する「テレコムウォッチャー from USA」をWebにて連載中。

NSI Research, Inc.

NSI Research 社は、1987年に米国のエレクトロニクス分野の調査コンサルティング会社ストラテジック社の調査部長であった日本人アナリストの若山(テッド)隆により設立された、コンピュータ、データ通信、コンシューマ・エレクトロニクス分野を専門とする調査コンサルティング会社。
米国における「放送と通信の融合市場」を、CATV、従来のTVネットワーク、地上波再送信、ブロードバンド放送、IPTV、衛星、デジタル放送などのキーワードに沿って、技術動向、市場動向、コンテンツ、法規制などを研究。

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る