世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

車載用LIBの急速充電性能・耐久性と市場

Quick Charging Performance & Durability for Automotive Li-Ion Batteries and Market Trend

 

出版社 出版年月冊子体価格電子版価格 冊子体+電子版価格 ページ数
シーエムシー・リサーチ
CMC RESEARCH Co. Ltd.
2019年4月¥120,000 (税別)¥120,000 (税別)
PDF版(CD)
¥130,000 (税別)258

サマリー

レポート概要

本書の特長

  • EV電池システムと温度・時間、搭載電池の急速充電と充電レートなどの関係を解説!
  • 電池特性のサイクル特性、固体電解質としての実用、全固体電解質への適用可能性を紹介!
  • HEV/EVから見たエネルギーマネジメント技術、マネジメント制御上の課題を解説!
  • LIBの劣化診断技術、インピーダンス法、急速充電における充放電管理などを詳述!
  • 車載用LIB、およびLIB材料の市場・業界動向をリサーチ! 日・韓・中の思惑とは!

 

刊行にあたって

電気自動車(EV)の普及に向けて、充電時間の短縮、航続距離の伸長、車両価格の低減が一層求められてきた。これに伴い、車載用リチウムイオン電池(LIB)の大容量化が進行している。

容量が増えれば、その分だけ充電時間が長くなる。しかし、多くのユーザーは、そんなに長い時間は待てない。この解決法としては、“急速充電”が検討されている。充電電圧を高くしたり、充電電流を多くしたりして、短い時間で充電する。ところが、急速充電には電池を早く劣化させてしまうという短所がある。LIB は、充放電サイクルを重ねるにしたがって容量が減少してしまう。

すなわち、走って充電を繰り返すとLIB にとっては厳しい条件になる。それゆえに、電池の電気化学と回路設計の技術向上、更にはバッテリーマネージメントシステム(BMS)技術の実用化が不可欠である。

さらに、電池が劣化することで、電池の安全性も損なわれる。LIB を構成する各部材がどのように劣化し、安全性を含めた電池の特性に影響を及ぼすかという観点が重要である。

本レポートでは、このような解決策として急速充電に関してのLIB の特性、LIB 材料の充放電特性、劣化診断技術や充放電管理などを解説する。また、市場の項目では、ここ数年間の車載用LIB、およびLIB 材料の市場・業界動向をレポートする。

 


 

執筆者一覧

 菅原 秀一  泉化研
 堺 英樹   東邦チタニウム(株)
 坂本 俊之  東海大学
 有馬 理仁  大和製罐(株)
 鳩野 敦生  University Kuala Lumpur(元富士重工業(株))
 (株)シーエムシー・リサーチ 調査部

■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ



目次

目次(抜粋)

※詳細目次はこちらからダウンロード出来ます(PDFファイル:容量97KB)

第1章 EV、PHV用リチウムイオン電池の特性と急速充電

第2章 LIB材料チタン酸化合物の充放電特性

第3章 自動車(HEV/EV)から見たエネルギーマネジメント技術

第4章 劣化診断技術

第5章 急速充電対応SOH管理技術

第6章 車載用LIBの市場

第7章 車載用LIB材料の市場

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る