世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

仮想通貨ICO、クラウドマイニング、ブロックチェーンの市場予測に関する調査

-暗合通貨新時代のICO、マイニング、ブロックチェーンの未来戦略-

 

出版社 出版年月冊子体価格電子版価格 冊子体+電子版価格 ページ数
AQU先端テクノロジー総研
AQU Technology Research Institute, Inc.
2018年2月¥95,000 (税別)¥180,000 (税別)
CD(PDF)
¥190,000 (税別)241

サマリー

AQU先端テクノロジー総研が発行するレポート「仮想通貨ICO、クラウドマイニング、ブロックチェーンの市場予測に関する調査」は、仮想通貨、ブロックチェーンの内外の市場動向をふまえ、仮想通貨、ICO(Initial Public Offering)、クラウドマイニング、ブロックチェーンの各市場を分析、予測した市場調査レポートです。



【レポート概要】

はじめに

  • 仮想通貨(暗号通貨、Cryptocurrency)および、ブロックチェーン技術は、大局的流れから経済活動を考えると、今後の世界経済、日本経済にとり極めて重要なテーマである。
     
  • 仮想通貨については、金本位制→石油本位制ドル→暗号通貨(仮想通貨)といった流れがあり金融の根本に関わってくる。またICO(仮想通貨による資金調達)はまだ始まったばかりであるが、今後のスタートアップ、企業、大企業にいたるまで、その活用しだいでは大きく未来が変わってくることから、ビジネスとしても重要なテーマである。
     
  • ビットコイン、仮想通貨の乱高下、またハッキング事件等何かとあわただしい業界であるが、未来へ向けた市場戦争は始まっており、安易な取り組みでは未来の勝者となることは難しい。
     
  • 当調査では、ビットコイン、仮想通貨のこれまでの総資産データを分析し、ABCシナリオに基づく市場予測を行っている。ポジティブなAシナリオでは、仮想通貨は急騰急落はあるものの、年成長率数十%以上といった、高成長が続き、世界中で利用が大きく進み、独自の仮想通貨を発行する企業、独自の仮想通貨を発行する国も続出。法律整備とともに、大きく市場拡大してゆく、とみている。このシナリオでは、仮想通貨全体の総資産は、2018年末、6,270億ドル(約66兆円)見通し、2022年末には、17,910億ドル(約190兆円)程度になる。また2028年には金(ゴールド)の総資産8.2兆ドル規模に匹敵する規模になるとみている。イーサリアムのようにスマートコントラクト機能などを有する価値ある仮想通貨が充実してくることから、金融的価値がしだいに認識されてくるものと考える。なおネガテイッブCシナリオでは、ゆるゆかな低位成長が続く、とみている。
     
  • 12月だけで74件となったICOは2017年トータル60億ドル規模となり、この勢いは続くものと考えており、日本でも需要拡大が展望できる。
     
  • 仮想通貨ICOとともに注目されるテーマはクラウドマイニングである。すでに海外企業、Genesis Mining 、Hash Flare 、Gigawatt 、Hydrominerなどがサービスを展開しており、日本企業も、DMM、GMO、SBIなどが事業化を進めている。BITMAIN社などの中国企業のマイニング独占は業界の未来にとっても、51%攻撃の問題等あり、望ましくない。
     
  • 注目されるマイニングではあるが、詐欺まがい、詐欺的事件があとを絶たず、日本だけでなく、世界的に見ても業界に暗い影を落としている。当調査では実際的に被害にあった数十人からコメントを得ているが、誇大広告、巧妙なセールステクニックなど実態を調査した。マイニングビジネスの健全化、ひいては暗合通貨、仮想通貨市場の健全化、未来ビジョンを提示している。
     
  • いっぽう、ブロックチェーンはビットコインの基盤技術から発展し、独自のブロックチェーン技術市場として発展してゆく。この技術は、オープンなネットワーク上で信頼性が求められる金融取引や重要データのやりとりなどを可能にする分散型台帳技術として注目されている。
     
  • 用途としては金融にとどまらず、不動産、流通、行政、医療、音楽、エネルギーなど、幅広い分野があるが、実証実験からはじまり実用化へ向けて加速してきている。とくに、世界ではスタートアップに巨額の投資資金が流れており、大きな潮流となっている。ブロックチェーンのグローバル市場は、年率、45~55%前後の成長が見込まれる。2018年、570百万ドル、2019年、860百万ドルで推移、2022年には、3,000百万ドル(約3,180億円)規模になると予測される。当初金融分野中心の市場形成であるが、2021年には非金融分野の占める割合が金融分野を上回るようになるとみられており、不動産、流通、医療、音楽、サービスなどの非金融分野の動向が注目される。
     
  • 当調査報告書は仮想通貨、ブロックチェーンの内外の市場動向をふまえ、仮想通貨、ICO、クラウドマイニング、ブロックチェーンの市場分析、市場予測を行ったものである。当調査報告書が皆様のビジネス開発、研究開発、製品サービス開発に少しでも寄与できれば幸いである。

 



目次

はじめに

調査概要

第1章.【総括編】 仮想通貨クラウドマイニング、ブロックチェーンの市場戦略

1.仮想通貨の地政学的意味と今後の展望、俯瞰図

2.仮想通貨ビットコイン、アルトコイン、ABCシナリオに基づく相場展望

3.金本位制から石油本位制、そして暗号通貨の時代へ

4.仮想通貨クラウドマイニングビジネスの着眼点5.ブロックチェーンがつくる新たな未来展望

 

第2章.仮想通貨市場分析編

1.暗合通貨、仮想通貨の概要

2.仮想通貨法、金融庁の施策動向、今後の方向性

3.仮想通貨と法定通貨

4.仮想通貨に対する銀行と取り組み(MUFJ、Jコインなど)

5.世界的に見た中央銀行による仮想通貨発行の可能性

6.ビットコインと基盤技術ブロックチェーン

7.ビットコインBTCの特徴

(1).分散管理

(2).送金が安く早い

(3).データの改ざんが不可能

8.アルトコインの種類と特徴

1).アルトコイン誕生の背景

2).アルトコインの数

3).アルトコインの種類と特徴

(1).イーサリアム (ETH) . 18

(2).リップル (XRP) . 18

(3).ビットコインキャッシュ (BCH/BCC) 19

(4).カルダノ (ADA)  19

(5).ライトコイン (LTC)  20

(6).リスク (LISK)  20

(7).ファクトム (FCT)  21

(8).ダッシュ (DASH)  22

(9).モネロ (XMR)  22

(10).オーガー (REP)  23

(11).ジーキャッシュ (ZEC)  23

(12).イーサリアム クラシック(ETC) . 24

(13).ネム (XEM)  24

(14).モナコイン (MONA)  25

(15).アリス (ALIS)  25

(16).その他 . 26

9.仮想通貨における世界各国のスタンス  26

1).世界各国の比較分析、仮想通貨発行の可能性  26

(a).仮想通貨の許容度  27

(b).今後の市場発展  27

(c).仮想通貨発行の可能性  27

(d).仮想通貨名 . 27

2).世界各国別、仮想通貨対応と今後の動向  28

(1).日本  28

(2).米国  28

(3).カナダ  29

(4).中国  29

(5).韓国  31

(6).ベトナム  31

(7).シンガポール . 32

(8).インド  32

(9).インドネシア  32

(10).オーストラリア  33

(11).イギリス  33

(12).ドイツ  33

(13).フランス  34

(14).エストニア . 34

(15).スウェーデン  36

(16).ロシア  36

(17).イスラエル  37

(18).ベネズエラ  37

(19).ウルグアイ  38

(20).その他、アフリカ諸国ほか  38

10.ICO(イニシャル・コイン・オファリング)の動向と今後の展望 . 39

(1).ICOの概要 . 39

(2).ICO、IPO、クラウドファンディングの比較  39

(3).ICOの市場規模と予測  40

(4).ICOのプロジェクトの調達金額ランキング 42

(5).発行されたトークンの特徴、用途 . 42

(6).ICOの規制の動向  43

(7).ICOにおける当局から見た課題  44

(8).ICOの実施側の手続きと、注意点  45

(9).ICO、投資家側の手続きと、注意点  45

(10).ICO、仮想通貨の格付けの動向  48

(11).ICO、会計処理の問題  50

(12).ICOの成功事例  51

(13).事例研究、NAMの海外ICO戦略  52

 

第3章.仮想通貨(Cryptocurrency)の市場規模予測編

1.ビットコイン、仮想通貨のこれまでの総資産データ分析  60

(1).ビットコイン、仮想通貨のこれまでの総資産データ分析  60

(2).仮想通貨総資産の推移 . 60

(3).仮想通貨に占めるビットコインのシェアの動向  61

(4).ビットコイン、仮想通貨の予測に関する考え方等  62

2.仮想通貨(Cryptocurrency)全体の市場規模と予測  65

(1).シナリオABCに基づく、ビットコインの価格予測  65

(2).シナリオAに基づく、ビットコイン、アルトコインの市場規模予測 (ポジティブ)

(3).シナリオBに基づく、ビットコイン、アルトコインの市場規模予測 (ニュートラル) 

(4).シナリオCに基づく、ビットコイン、アルトコインの市場規模予測 (ネガティブ) 

3.仮想通貨(Cryptocurrency)のコイン別シェアと今後の展望  69

1).仮想通貨(Cryptocurrency)の市場動向と今後の展望  69

2).仮想通貨(Cryptocurrency)のコイン別シェアと今後の展望  69

(1).ビットコイン (BTC)  70

(2).イーサリアム (ETH)  70

(3).リップル (XRP) . 70

(4).ビットコインキャッシュ (BCH/BCC) 70

(5).ライトコイン (LTC)  70

(6).カルダノ (ADA)  70

(7).ネオ (NEO)  70

(8).ステラー (XLM)  70

(9).イオス (EOS)  70

(10).ダッシュ (DASH)  70

※その他、アルトコイン(モネロ、ネムなど)90種のデータ状況 . 71

 

第4章.マイニング市場の動向、市場予測編

1.マイニングの概要  75

(1).ソロマイニング  76

(2).プールマイニング  76

(3).クラウドマイニング  76

2.ブロックの生成  77

3.マイナーの報酬  77

4.マイナーの現状と難易度の向上  78

5.マイニングマシンの需要動向  79

6.マイニングのシェアと、マイニングマシンのシェア . 80

7.マイニングの市場動向  82

8.先行した中国におけるマイニングの動向と今後  83

9.マイニング関連企業の動向  84

(1).注目企業の特徴  84

(2).その他、コンサルティング(TRIPLE-1)、研究会、個人などの動向  85

10.注目マイニング関連企業の動向  88

(1).BITMAIN  88

(2).GMO  89

(3).DMM  91

(4).SBI  93

(5).クリプトマイニングジャパン、テックビューロ、LOOOP  96

11.コイン別マイニングビジネスの動向  97

(1).ビットコインのマイニングビジネス . 97

(2).イーサリアムのマイニングビジネス  97

(3).その他アルトコインのマイニングビジネス  98

12.クラウドマイニング事業の課題  99

13.クラウドマイニングのリスク  99

14.クラウドマイニング企業の比較分析  100

Genesis Mining / Hash Flare / Gigawatt / Hydrominer . 100

15.クラウドマイニングサービスにおける世界の動向と日本の動向  102

 

第5章.仮想通貨新時代へ向けた新マイニング戦略

1. 既存の仮想通貨と新仮想通貨(量子コンピュータ対応など)  109

(1).仮想通貨の人気化の背景、資金法改正と中国の事情  109

(2).既存の仮想通貨の弱点  110

(3).量子コンピュータに負けない仮想通貨の創造  110

(4).量子コンピュータ耐性ADA(カルダノプロジェクト)の動向 . 111

2. 仮想通貨の技術基盤の動向と展望  113

(1).仮想通貨の技術基盤ブロックチェーンとベチユニット、トマベチアルゴリズムの動向  113

(2).国家による仮想通貨の可能性、クリプトルーブルの動向  115

(3).サイバー国家の可能性、エストニアの動向  115

3.法定通貨に対する、存在価値のある仮想通貨の創造  117

(1).バブル崩壊の可能性と格付けの必要性  117

(2).信用創造の原理の確認  119

(3).意義ある金融プラットフォーム(ICO、トークン等)の創造  120

(4).仮想通貨の価格安定と新たなるビッグ組織による管理化  121

(5).アップル、グーグル等の可能性と展望  122

 

第6章.ブロックチェーンの用途動向、市場予測編

1.ブロックチェーンの誕生と可能性  124

(1).ブロックチェーンの特徴  124

(2).ブロックチェーンイメージ図 . 124

(3).プライベートブロックチェーン技術  125

(4).ブロックチェーンの利用パターン  126

2.ブロックチェーン技術の概要  127

(1).パブリック方式  127

(2).コンソーシアム方式  127

(3).プライベート方式  127

3.ブロックチェーンの市場規模と予測  128

4.ブロックチェーンの可能性と展望  129

5.海外におけるブロックチェーンの動向  131

(1).実証実験、コンソーシアム関連  131

(2).銀行  133

(3).証券  133

(4).保険  133

(5).不動産  133

(6).医療  134

(7).その他  135

6.日本におけるブロックチェーンの動向  136

(1).実証実験、コンソーシアム関連  136

(2).銀行  137

(3).証券  138

(4).保険  138

(5).不動産  138

(6).医療  140

(7).その他  142

7.注目される仮想通貨ブロックチェーン関連特許の概要とポイント  143

(1).仮想通貨管理プログラム、及び仮想通貨管理方法 株式会社Orb  143

(2).仮想通貨を用いた取引システム 株式会社アトムソリューションズ . 148

(3).コンテンツ流通システム、コンテンツ流通方法、コンテンツ生成装置及 NTT  150

(4).ブロックチェーンを作成するシステム及びプログラム  152

(5).電子マネーシステム及びその処理方法 株式会社日本総合研究所 . 153

8.その他、関連情報  155

(1).量子コンピュータの動向、関連性 155

(2).その他関連情報 (スタートアップの業態図) . 157

 

第7章.仮想通貨の導入、利用者、投資家等の動向

1.仮想通貨の導入事例  160

2.仮想通貨利用ユーザーの特徴 . 164

3.ビットコイン取引所のシェア動向  165

4.ビットコインユーザーの年齢層分布  167

5.仮想通貨マイニングビジネスにおけるビジネス事例と需要家の動向  168

(1).ビットコイン※※※  168

(2).マイニング※※※  174

(3).Mining Cart  183

(4).BIT CLUB JAPAN 186

6.投資家を誘う、詐欺的(詐欺まがい)ビジネスの実態と今後の課題 189

(1).仮想通貨における詐欺の種類  189

(2).自殺願望者を食い止めた実例  190

(3).ビットコイン※※※、被害者たちのパニックと被害状況、立ち直り  194

(4).ニュース報道された※※クラブの事例研究  204

(5).法的抜け穴をねらう詐欺師たち . 206

(6).実態のない会社で営業する詐欺師たち  210

(7).今まで、知られていなかった、詐欺師たちの意外な弱点ひ 213

(8).アフィリエイターにも損害賠償責任がある、とする弁護士の見解  215

(9).クラウドマイニング、詐欺かどうかを見極める8つの留意点 217

(10).国民消費者センターによる注意喚起  218

(11). マイニングビジネスの健全化、業界信頼回復への道  220

 

第8章.仮想通貨マイニングビジネス、ブロックチェーン市場戦略編

1. 詐欺的マイニングビジネスからの脱却、健全化戦略  223

2. 仮想通貨専用端末、仮想通貨POS 端末、ハードウェアウォレットの可能性  230

3. 最近のICO事例研究と、ICO成功戦略 233

4. 成功度が増大する、仮想通貨のアービトラージ新手法  239

5. 仮想通貨のマイニング、アービトラージ、ICOを組み合わせた構想戦略  243

6. ブロックチェーン活用による再生可能エネルギー拡大戦略  246

 


 

【主な図表】

図表1.仮想通貨の主要国における位置づけ、俯瞰図

図表2.仮想通貨ビットコイン、アルトコイン、シナリオABCに基づく今後の展望

図表3.金本位制から石油本位制、そして暗号通貨の時代へ

図表4.一般向け仮想通貨マイニングビジネスの着眼点

図表5.ブロックチェーンの応用拡大、進化

図表6.MUFGコイン、Jコイン、ビットコイン、電子マネーの比較

図表7.中央集権型と分散処理型

図表8.送金手数料比較、銀行送金とビットコイン送金

図表9.世界各国の比較分析、仮想通貨発行の可能性

図表10.X-Road のシステム図

図表11.ICO、IPO、クラウドファンディングの比較

図表12.ICO の市場規模と予測

図表13.ICO プロジェクトの調達金額ランキング(2017 年)

図表14.ICO で発行したトークンの用途

図表15.世界のICO 規制の動向(2017 年)

図表16.ICOにおける当局から見た課題

図表17.ICOの実施側の手続きと、注意点

図表18.ICOの投資側の手続きと、注意点

図表19.Weiss Ratings 社の格付けの評価

図表20.Weiss Ratings 社の格付けの例

図表21.NAM プロジェクトの売上計画

図表22.NAM プロジェクトの事業概要図

図表23.NAM プロジェクトの展望

図表24.ビットコイン、仮想通貨のこれまでの総資産データ分析

図表25.仮想通貨総資産の推移

図表26.仮想通貨に占めるビットコインのシェアの推移

図表27.仮想通貨の時価総額と世界のお金の比較

図表28.シナリオABCに基づく、ビットコインの価格予測

図表29.シナリオAに基づく、ビットコイン、アルトコインの市場規模予測

図表30.シナリオBに基づく、ビットコイン、アルトコインの市場規模予測

図表31.シナリオCに基づく、ビットコイン、アルトコインの市場規模予測

図表32.仮想通貨(Cryptocurrency)のコイン別シェア

図表33.メモリプールの概念図

図表34.ブロック生成スピードの確認図

図表35.マイナーの難易度

図表36.ビットコイン採掘プール(マイナー)の市場シェア

図表37.認識されているブロックのリスト

図表38.マイニングプールとマイニングマシン

図表39.マイニング関連企業の特徴比較

図表40.仮想通貨を基本とした新しい金融生態系

図表41.イーサリアムのマイニング(PoSへの移行)

図表42.クラウドマイニングのメリットとデメリット

図表43.クラウドマイニング事業の課題

図表44.クラウドマイニング企業の比較分析

図表45.Genesis Mining におけるクラウドマイニングの例

図表46.HashFlare におけるクラウドマイニングの例

図表47.Gigawatt におけるクラウドマイニングの例

図表48.クラウドマイニングサービスにおける日本の主要企業動向

図表49.ADA(カルダノプロジェクト)の概要

図表50.国家による仮想通貨の可能性、クリプトルーブルの動向

図表51.ブロックチェーン概念図

図表52.ブロックチェーンの利用パターン

図表53.ブロックチェーン技術の方式別概要

図表54.ブロックチェーンの市場規模と予測

図表55.Bitcoin&Blockchain スタートアップ

図表56.仮想通貨利用ユーザーの分類

図表57.ビットコイン取引所のシェア

図表58.取引所のレバレッジの倍率比較

図表59.クラウドマイニングの詐欺かどうかを見極める留意点

図表60.仮想通貨に関する相談件数推移

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る