世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

次世代ワイヤレスネットワーク投資:通信事業者とベンダの5Gギャップを埋めるLTE

Next-generation wireless network investment: LTE will fill the 5G gap for operators and vendors

 

出版社 出版年月電子版価格 ページ数
Analysys Mason
アナリシスメイソン
2017年6月US$4,999
ベーシックライセンス
42

サマリー

このレポートは次世代ワイヤレスネットワーク市場を調査し、5Gの配備と移行、市場機会、収益の可能性や課題などを掲載しています。
 
主な掲載内容
  • 5Gの配備の主要要因と、どのように移行するか
  • 5Gを計画する中でのLTEネットワークの増加と向上におけるベンダの市場機会
  • MNOの5G収益の可能性
  • 既存のRANベンダの課題と、新しくモジュール化、分離化されたモバイルネットワーク世界の市場機会
 
 
Report Details

"Most MNOs will defer investment in 5G for the next 5 years until the technology matures and the business need becomes clearer."

Mobile network operators (MNOs) recognise the strategic importance of 5G, but most will defer investing until the technology matures and the business need for 5G becomes clearer and stronger. In the meantime, vendors must aim to deliver 5G-style use cases by upgrading existing LTE network capacity to 4.5G, and supporting virtualisation of the EPC and RAN to continuously improve MNO operations and sustain network investment.

This report answers the following questions.
  • What are the key inhibitors for 5G deployment and how can these be mitigated?
  • What are the opportunities for vendors in deploying incremental LTE network improvements while planning for 5G?
  • What are the 5G potential revenue-making opportunities for MNOs?
  • What are the challenges for incumbent RAN vendors and the opportunities for challengers in the new modularised and disaggregated mobile network world?

Analysys Mason's survey indicates that most MNOs are likely to invest in 5G between 2020 and 2026



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る