世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

G.Fastの発展事例 2017-2022年:予測と分析

The evolving case for G.fast: forecast and analysis 2017?2022

 

出版社 出版年月電子版価格 ページ数
Analysys Mason
アナリシスメイソン
2017年2月US$1,499
ベーシックライセンス
10

サマリー

このレポートはG.Fast市場を調査し、市場への投資の促進・阻害要因や、事業者へのVDSI後のオプションの提言などを掲載しています。

Report Details

"It is now or never for G.fast – few operators will start committing to the technology after the end of 2018."

G.fast roll-out is starting in earnest this year. However, some operators (such as Proximus) have recently switched from investment in hybrid fibre–copper to investment in FTTP, and there is some uncertainty over the impact that G.fast will have.

This report provides:

  • a reassessment of the drivers and inhibitors of investment in G.fast, evolving use cases and technical developments
  • forecasts for the number of G.fast premises passed and premises connected for regions worldwide
  • recommendations for operators still considering the options post-VDSL.


 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る