世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

入手可能な4Gデバイスと購入率:アジア太平洋地域の新興国における課題

4G device availability and take-up: challenges in emerging Asia?Pacific

 

出版社 出版年月電子版価格 ページ数
Analysys Mason
アナリシスメイソン
2016年6月US$4,999
ベーシックライセンス
36

サマリー

アジア太平洋新興地域のオペレーターはLTEネットワークへの投資回収のために、LTE対応デバイスの普及に取り組む必要があります。プリペイド式が優勢な市場ではLTE対応デバイスを普及させ、デバイス供給の課題を乗り越えるための戦略は数多くあります。

アナリシスメイソンはオペレータがLTE機器普及のために注目しているポイントとして、下記3点を挙げています。

  • 価格
  • 機能性
  • 供給力

このレポートはアジア太平洋新興地域の4GとLTE市場を調査し、オペレーターの新しいビジネスチャンスなどを分析し掲載しています。

Report Details

"4G device adoption is likely to grow quickly in emerging Asia–Pacific, but there are still constraints on devices that support LTE using certain high- and low-band frequency combinations, TD-LTE and, in particular, VoLTE."

Operators in emerging Asia–Pacific (EMAP) must help to grow LTE device penetration in order to make best use of LTE network investments. In prepaid-dominated markets, there are a number of strategies that operators can use to drive LTE device penetration in order to overcome specific device supply challenges.

This report:

  • assesses how quickly take-up of 4G-capable handsets will increase across the EMAP region, and explores the limitations to this growth
  • examines the limitations on device availability for different frequency bands used in the EMAP region (for example, LTE in the 700MHz and 850MHz bands)
  • discusses the potential for a greater supply of TD and FDD-LTE multi-mode handsets
  • considers how operators can drive take-up of 4G smartphones that are compatible with their networks.

Operators are starting to overcome the barriers to LTE device growth

       Operators are starting to overcome the barriers to LTE device growth



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る