世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

【PT:アプリケーション分析レポート】OTT 2.0:新しい有料テレビ市場の概観

OTT 2.0: Understanding the new Pay TV Landscape

 

出版社 出版年月価格 ページ数
ABI Research
ABIリサーチ
2018年1月お問い合わせください 43

サマリー

放送局が直接提供すると同時にライブリニアチャンネル(従来の放送)をOTT機器やネットワークで提供するvMVPD(ケーブルの仮想ケーブルへの置換え)サービスなどのOTTサービスの広範な成長は、OTT 2.0時代と呼ばれている。パッケージングの柔軟性や狭いジャンルの絞り込み、幅広い機器の可用性、全国へのリーチと低額の料金などがOTTの成功要因である。OTTサービスの規模の小ささやコンテンツの幅の狭さが消費者の支払いを細分化し、購入の意思決定を家庭レベルから個人レベルへと落とし込んでいる。OTTとして動画エンターテインメントが幅広く受け入れられているサービスの新カテゴリーとなるなか、このような関心が世界の有料テレビの収益を幾分平坦化し、境界は揺れ動き、定義はむづかしくなっている。プロバイダは、様々な層に到達するためには様々なサービスをスタートさせなければならないだろう。

The widespread growth of OTT services, including new categories such as cable replacement virtual cable (vMVPD) services, which offer live linear channels on OTT devices and networks, coupled with broadcaster direct offerings, defines the OTT 2.0 era. OTT’s success factors include packaging flexibility, narrow genre choices, wide device availability, national reach and overall lower costs. The smaller size and narrower content of OTT services leads to consumer wallet fragmentation, pushing buying decisions from the household level to the individual level. This interest drive Pay TV revenue worldwide to be somewhat flat, while the growth in video entertainment comes from new categories of services broadly defined as OTT, although the boundaries are shifting somewhat and definition becomes harder. Providers must be ready to launch multiple services to reach different demographics on their terms.

 

ABIリサーチの調査レポートの詳細については、サンプルをご請求ください。

(株式会社データリソース 03-3582-2531、office@dri.co.jp

 



目次

  • OTT and Pay TV
  • Business Models
  • Content Entities
  • Adapting to OTT

Companies Mentioned

  • Apple Inc.
  • Netflix
  • Google
  • Roku
  • Amazon
  • Hulu
  • Vizio

 

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る