世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

会員登録

マイページ

【PT:最新技術の革新者レポート】最新技術の革新者:自動車の電動化

Hot Tech Innovators: Automotive Electrification

 

出版社 出版年月価格 ページ数
ABI Research
ABIリサーチ
2018年3月お問い合わせください 14

サマリー

自動車の自動化、接続性、人工知能(AI)、サービスとしてのモビリティ(MaaS)の枠組みにおけるカーシェアリングなどの、自動車におけるすべての大きな潮流の中心に位置するのは、安全で持続可能なパーソナルモビリティである。内燃機関(ICE)による輸送モードにたよっていては、安全で持続可能というコアビジョンが達成できないというのは利害関係者の共通の認識である。バッテリー式電動輸送機器はOEMが駆動機関を代替させて確立したが、電気自動車のエコシステムは現在多くの課題に直面している。乗用車での電気自動車の普及率は、自動化、接続性、スマートモビリティサービスなどの自動車の大きな潮流による採用にともなう電動パワートレインの採用をやや上回るレベルに留まっている。電気自動車のエコシステムは、消費者の乗用車所有機会が減少していることを認識し、スマートモビリティ環境での電動パワートレインの採用をどのようにサポートできるかを検討する必要がある。

Safe, sustainable personal mobility sits at the center of all of the prevailing automotive megatrends: automation, connectivity, artificial intelligence, and car sharing in a mobility as a service (MaaS) framework. It is now universally accepted among stakeholders that this core vision of safe and sustainable mobility cannot be achieved so long as transportation modes depend upon an internal combustion engine (ICE).

Having established the BEV as the alternative powertrain of choice for OEMs, the EV ecosystem now faces a number of challenging years ahead. The total penetration of EVs in passenger vehicles remains little more than a rounding error, with the adoption of parallel automotive megatrends such as automation, connectivity and smart mobility services overtaking that of electric powertrains. The EV ecosystem must now recognize that the opportunity for consumer owned, passenger electric vehicles is declining, and instead examine how they can support adoption of electric powertrains within a smart mobility context.

Companies Mentioned

  • Qualcomm Inc
  • Nissan
  • Impact Technologies LLC
  • BMW Group
  • ICE

 

ABIリサーチの調査レポートの詳細については、サンプルをご請求ください。

(株式会社データリソース 03-3582-2531、office@dri.co.jp)

 



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問い合せは、お電話・メール・WEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問い合せはこちらのフォームから承ります

office@dri.co.jp

 

ページTOPに戻る