世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

【分析レポート:技術】ビデオ監視市場におけるビデオ解析

Video Analytics in the Video Surveillance Market

Technology Analysis Report

 

出版社 出版年月価格 ページ数図表数
ABI Research
ABIリサーチ
2018年6月お問い合わせください 21 11

サマリー

監視市場の成長と拡大は、ビデオとそれに含まれる情報の価値と重要性に伴うものであり、それはまた新しい技術と革新をもたらすものでもある。セキュリティ、脅威評価、監視は、ビデオ監視の不可欠なアプリケーションであるが、コンピュータビジョンの使用はオペレータが監視システムによって収集されたデータを使用する際の新しいベクトルを作り出す。米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【分析レポート:技術】ビデオ監視市場におけるビデオ解析」は、ビデオ監視市場におけるビデオ解析の市場可能性とコンピュータビジョン(あるいは監視分野におけるビデオ解析)によって可能になる用途を分析している。

ビデオ解析はナンバープレートの読取りから顔認識までの用途で使用されており、後者は常にプライバシーと所定の利用ケースとの間のバランスをとっている。自動車以外の主要なカテゴリである人物監視は、その行動が動画に撮られることで個人の特定に利用されるだけでなく、通信やソーシャルメディア、オンライン商取引などに残された無数のデジタルデータと統合することで、プライバシー問題において最も侵害性が高い事態となる可能性がある。このバランスについて、世界はさまざまな監視レベルの実験場となっており、EUのGDPRのような厳格なガイドラインによる地域もあれば、中国政府のような広範な監視団体の導入を計画しているところもある。

一般的な監視市場と同様に、ビデオ分析はしばしば、対象物検出/設定、対象物の移動、たむろや信号無視の検知、車両検出、人物/物体/車両の追跡などのセキュリティ用途と連動しているが、顧客に最適化した販売トラフィックを提供したり、施設へのアクセスを許可したり、サービスのパーソナル化したレイヤを付け加えたりするためにビデオ監視を利用している産業もある。実効性の得られていない導入もあるが、大規模なデータで人工知能や機械学習などの処理を改善し、より正確な結果を得られるようになるだろう。スマートシティ、スマートホーム、IoTが日常生活の一部となれば、すべてはデータの重要性と価値という点にたち戻るだろう。

The growth and expansion of the surveillance market illustrates the value and importance of video and the information it contains; to this end, it also serves as a target for new technologies and innovations. Security, threat assessment, and monitoring remain integral applications for video surveillance but the use of computer vision engenders new vectors for operators to use the data collected by their surveillance systems. This report analyzes this market potential and the applications enabled by computer vision (more commonly referred to as video analytics in the surveillance space).

Video analytics is used in applications from license plate reading to facial recognition and the latter in particular makes balancing privacy and the intended use case an ongoing balancing act. Surveillance of people (the other main categories being objects and vehicles/automotive) potentially represents the most invasive (reference to privacy) not only because it can be used to identify individuals (along with their actions captured in the video) but the information can also be integrated with a myriad of other pieces of digital data left behind via communications, social media, online commerce, etc. With regards to this balancing act, the global market serves as a veritable test bed of varying degrees of surveillance, with some regions enforcing relatively strict guidelines (e.g. EU’s GDPR) to the Chinese government’s plan to implement one of the most pervasive surveillance societies to date.

As with the general surveillance market, video analytics is often most associated with or known for its security applications (e.g. perimeter detection/setting, object movement, detecting loitering or jaywalking, vehicle detection, tracking persons/objects/vehicles, etc.) but other industries are using video surveillance to better serve their customers, optimize sales traffic, grant access to facilities, and add a layer of personalization to services. While some implementations have yielded less than stellar results, over time the larger datasets will help improve the AI/ML process to produce more accurate end results. All of which comes full circle to the importance and value of data, which will only grow as smart cities, homes, and the IoT increasingly becomes part of our everyday lives.

 

ABIリサーチの調査レポートの詳細については、サンプルをご請求ください。

(株式会社データリソース 03-3582-2531、office@dri.co.jp)

 



目次

  • 1. EXECUTIVE SUMMARY
  • 2. REGIONAL HIGHLIGHTS: ESTABLISHING A BASELINE
    • 2.1. North America
  • 3. VIDEO ANALYTICS AND COMPUTER VISION IN VIDEO SURVEILLANCE
    • 3.1. On-Device, On-Prem, in the Cloud, and Hybrid
    • 3.2. Specialization
    • 3.3. Law Enforcement and Police
  • 4. SIZING THE MARKET OPPORTUNITY
    • 4.1. The Current Video Surveillance Market
    • 4.2. Forecasts
    • 4.3. Other considerations
  • 5. APPENDIX

Companies Mentioned

  • Axis Communications
  • Bosch
  • 214 Technologies
  • United Technologies Corporation
  • Avigilon

 

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る