世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

会員登録

マイページ

【分析レポート:技術】スマートモビリティメンテナンス:モジュラーハードウェア、OTAアップデート、予知

Smart Mobility Maintenance: Modular Hardware, OTA Updates, and Prognostics

Technology Analysis Report

 

出版社 出版年月価格 ページ数図表数
ABI Research
ABIリサーチ
2018年6月お問い合わせください 40 21

サマリー

自動車市場は、モビリティサービスの登場、自動車の電化、無人運転などのすべてがあわさって、一世紀にわたる最大の変革期を迎えている。この変化は自動車市場の幅広い企業に新しいビジネスチャンスを提供するだろう。無人技術によって、新しいスマートモビリティサービスは、現在の距離当たりの自動車所有コストを削減することができるだろう。距離当たりの運転コストが下落するためには、これらの新しいモビリティサービスは高い(70%以上)稼働率を要求されるだろう。この稼働率のためには、ソフトウェアのOTA(無線)管理やモジュラーハードウェア、予知保全などの効率的なメンテナンスによって自動車の稼働時間を最大化することが欠かせない。

米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【分析レポート:技術】スマートモビリティメンテナンス:モジュラーハードウェア、OTAアップデート、予知」は、OTAアップデート、モジュラーハードウェア、遠隔予防/予知保全などの自動車市場における技術、市場促進要因、阻害要因を査定し、さまざまな自動車メーカーへの戦略的提言と市場予測を記載している。Airbiquity、アウディ、ダイムラー、HERE、Predii、Movimento Group、Ridgetop Group、リンスピード、サムスン、テスラ、トヨタ、ウィンドリバーなどの幅広い自動車メーカーのケーススタディを例示している。

The automotive market is in the process of undergoing the biggest transformation in over a century, with the rise of mobility services, vehicle electrification, and vehicle autonomy all combining to drive significant changes in the area. These changes will help deliver new opportunities for a range of players in the automotive market.

The rise of driverless technology will crucially enable future smart mobility services to undercut the current cost of vehicle ownership as a cost per mile. As part of driving down the cost per mile, these future mobility services will require high utilization rates (over 70%). At these rates, effective maintenance through: Over-the-Air (OTA) management of software, modular hardware and predictive maintenance will be key to maximizing vehicle uptime.

This report examines the technologies, market drivers, and barriers to OTA updates, modular hardware, and remote prognostics/predictive maintenance in the automotive market, providing strategic recommendations for different automotive players as well as providing market forecasts.

In addition, the report provides case studies from a wide range of automotive players, such as: Airbiquity, Audi, Daimler, HERE, Predii, Movimento Group, Ridgetop Group, Rinspeed, Samsung, Tesla, Toyota, and Wind River.

 

ABIリサーチの調査レポートの詳細については、サンプルをご請求ください。

(株式会社データリソース 03-3582-2531、office@dri.co.jp)

 



目次

  • 1. EXECUTIVE SUMMARY
  • 2. INTRODUCTION
    • 2.1. MaaS: An Economic Feasilbility Study
  • 3. KEY RECOMMENDATIONS
    • 3.1. Maintenance in Future mAAS Services
    • 3.2. Redesigning the Vehicle Platform
    • 3.3. Importance of Predictive Maintenance
  • 4. OTA UPDATES
    • 4.1. OTA Types:
    • 4.2. Technology Overview
    • 4.3. Market Drivers
    • 4.4. Current Market Barriers
    • 4.5. OTA: Cybersecurity Concerns and Benefits
  • 5. MODULAR DESIGN AT THE HARDWARE LEVEL
    • 5.1. Modularity Types
    • 5.2. Market Drivers
    • 5.3. Market Barriers
  • 6. PREDICTIVE MAINTENANCE
    • 6.1. Maintenance Service Types
    • 6.2. Technology Overview
    • 6.3. Applications Outside of Automotive
    • 6.4. Market Drivers
    • 6.5. Market Barriers
  • 7. MARKET FORECASTS
    • 7.1. Timeline of Events
    • 7.2. Predictive Maintenance Market Forecasts
    • 7.3. OTA Updates Market Forecast
    • 7.4. Preventative Maintenance with OTA Forecast

Companies Mentioned

  • Uber
  • Airbiquity
  • United Technologies Corporation
  • Delphi Corporation
  • Wind River
  • Net Corp
  • OnStar
  • Movimento
  • Alliance Corporation
  • Intel Corporation
  • Remote Technologies Inc
  • Mercedes Benz
  • BMW Group

 

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問い合せは、お電話・メール・WEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問い合せはこちらのフォームから承ります

office@dri.co.jp

 

ページTOPに戻る