世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

【分析レポート:アプリケーション】海運のデジタルトランスフォーメーション

The Digital Transformation of Maritime Freight

Application Analysis Report

 

出版社 出版年月価格 ページ数図表数
ABI Research
ABIリサーチ
2018年6月お問い合わせください 32 20

サマリー

海運のコンテナ運送(ドライ、コンテナ)産業は、多くの国々の国内総生産に大きな影響を持ち、サプライチェーンの多くの金額を占めている。世界海運評議会(WSC)によれば、海運による物運の金額は年間で4兆ドルを上回る。任意の時点で約6000の海運コンテナ船が世界中の海や水路を航行している。この産業の多くはしばしばマニュアル、断片化、非効率、高額なエンドツーエンドからなるサプライチェーンである。

多くがファミリー企業の何百万ものデータポイントが日々発生する透明性、セキュリティ、環境衛生、効率最適化には程遠く、断片化している海運産業からの変革によって、多くのビジネスチャンスが生み出される。ビジネスチャンスや課題は総合的なデータ標準の欠落にある。トラッキングや小売り産業と同様に責任や安全性の問題があり、海運事故の75-96%はヒューマンエラーによるものでしばしば疲労によるものである。

新しいデジタル化ソリューションは海運産業に大きなビジネスチャンスをもたらし、説明責任を果たしつつ、ビッグデータを促進し、書類や手作業を大きく削減して、無価値な作業を幅広い利害関係者から取り除く。米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【分析レポート:アプリケーション】海運のデジタルトランスフォーメーション」は、ビッグデータ・解析、ブロックチェーン、電子化、運用の支援・自動化、ドローン・ロボット、仮想現実・拡張現実などの技術が今後10年間の海運市場を破壊的に革新する可能性があるとみている。3D印刷による無人船などの初期の技術はまだ採用には程遠い。このような多くの技術が部分的にではあっても試験や実装されつつある。

The maritime container shipping (dry and reefer) industry boasts the largest value in the supply chain, with a material impact on many countries’ gross domestic product. According to the World Shipping Council (WSC), the trade value is more than US$4 trillion in goods on an annual basis. Approximately 6,000 maritime container ships are active at any given point, along global seas and waterways.   This industry is a critical part of the often manual, fragmented, inefficient, and expensive End-to-End (ETE) supply chain. 

Transformative opportunities abound from the fragmented industry, with many family-owned companies generating hundreds of millions of data points each day, with nowhere near the transparency, security, environmental health, and efficiencies optimized.  Opportunities and challenges lie in the total lack of data standards, with even digital providers scouring masses of spreadsheets daily for pricing. Like the trucking and rail industries, liability and safety remain issues, with between 75-96% of maritime accidents caused by human error, often due to fatigue.

New digitization solutions, catering to the maritime freight industry offer the game-changing opportunity to leverage big data and to significantly reduce paperwork and manual non-value-added activities from a range of stakeholders, while maintaining accountability.  The technologies best poised to disrupt the maritime shipping industry over the next 10 years include: big data and analytics, blockchain, electrification, assisted and automated operations, drones and robotics, and AR/VR. Other nascent technologies, from 3D printing to fully unmanned ships, are farther out in terms of adoption. Many of the technologies above have already been tested or implemented, at least in part, by other modes in the supply chain and in multiple other industries.

 

 

ABIリサーチの調査レポートの詳細については、サンプルをご請求ください。

(株式会社データリソース 03-3582-2531、office@dri.co.jp

 



目次

  • 1. DIGITIZING THE MARITIME SUPPLY CHAIN
    • 1.1. Global Impact
    • 1.2. Maritime Freight Types, Sizes, and Routes
    • 1.3. The Largest Full Container Shipping Companies
    • 1.4. Geographic Capacity
    • 1.5. Report Definitions
  • 2. DIGITIZING MARITIME FREIGHT
    • 2.1. Technology Adoption Drivers:
    • 2.2. Digitization Inhibitors
  • 3. MARITIME FREIGHT TRACKING
    • 3.1. Technologies
    • 3.2. Containers
    • 3.3. Vessels
  • 4. DIGITAL FREIGHT GROWTH
    • 4.1. Maritime Freight Funding
    • 4.2. Incubators
    • 4.3. Acquisitions
    • 4.4. Maritime Freight JVs
    • 4.5. Large Disruptors Ahead
    • 4.6. Smart Maritime Startups
  • 5. MARITIME FREIGHT TECHNOLOGY PROVIDERS
    • 5.1. IBM
    • 5.2. Microsoft
  • 6. KEY MARITIME FREIGHT TECHNOLOGY DISRUPTORS
    • 6.1. Big Data and Analytics
    • 6.2. Blockchain
    • 6.3. Electrification
    • 6.4. Automation
    • 6.5. Drones and Robotics
    • 6.6. AR & VR
  • 7. INTERNATIONAL MARITIME CYBERSECURITY
  • 8. MARKET DATA
  • 9. CONCLUSIONS

Companies Mentioned

  • International Technologies
  • Maersk
  • IBM Corp
  • USA Technologies
  • Vessel
  • Amazon
  • ORBCOMM Inc.
  • United Technologies Corporation
  • Cyber Group
  • Google
  • Venture
  • UPS

 

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る