世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

【分析レポート:アプリケーション】デジタルセキュリティのデータ解析

Data Analytics for Digital Security

Application Analysis Report

 

出版社 出版年月価格 ページ数図表数
ABI Research
ABIリサーチ
2018年11月お問い合わせください 27 5

* File Formats (PDF)

サマリー

サイバーセキュリティにおける機械学習(マシンラーニング)、人工知能(AI)、自動化の分野の技術革新はすべて、セキュリティ解析市場の急速な拡大に貢献している。しかしこのとらえにくい市場は、激しく変化し続けるデジタルセキュリティエコシステムに見え隠れしている。情報バリューチェーンの重要な一角を占め、サイバー攻撃に対する不可欠な部分でもあるにもかかわらず、UEBA(User Entity Behavior Analytics)からシーム (SIEM:Security Information and Event Management)や侵入検知システム/侵入防御システム(IDS/IPS)に至る境界や詳細があいまいな市場において非常に誤解されているものでもある。

米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【分析レポート:アプリケーション】デジタルセキュリティのデータ解析」は、セキュリティ解析市場の最も基本的な部分と情報源へのすべての道筋から、ビッグデータとクラウドコンピューティングの技術的な衝突について記載している。AIや機械学習の主要企業であるIBMやシスコ、主要なセキュリティ製品ベンダであるLogRhythm、マカフィー、クラウドストライク、アジャイルなどの非常に革新的なベンダであるダークトレース、empow、Exeon Analyticsについて記載している。またエンドポイント、ネットワーク、クラウド、オンプレミスについて区分・調査し、エンド市場は商業・企業、銀行・金融、医療、政府行政、公共セクターなどについて記載している。

Technological innovations in the fields of machine learning, artificial intelligence and automation in cyber-security have all contributed to the fervent increase of the security analytics market. This elusive market, however, is currently hidden amidst a turbulent and ever-changing digital security ecosystem. Although it is an essential link in the intelligence value chain and a crucial component on the fight against cyber-attackers it also represents a quite misunderstood piece of the market with obscure borders and details ranging from User and Entity Behavioral Analytics (UEBA) to SIEM (Security Information and Event Management) and Intrusion Detection System/Intrusion Prevention System (IDS/IPS).

This report delves into the security analytics market analyzing it from its most basic components and source of intelligence all the way to macro-scale and demystifying its technological collision with Big Data and cloud computing. The report includes insights gathered from AI and machine learning powerhouses like IBM and Cisco,  leading security product vendors like LogRhythm, McAfee, and Crowdstrike as well as agile and quite innovative vendors like  DarkTrace, empow and Exeon Analytics. The security analytics market is also further investigated and segmented according to an endpoint, network, cloud, and on-premises perspective and from an end-market perspective covering commercial and enterprise, banking and finance, healthcare, government, and public sector.

 

ABIリサーチの調査レポートの詳細については、サンプルをご請求ください。

(株式会社データリソース 03-3582-2531、office@dri.co.jp)

 



目次

  • 1. EXECUTIVE SUMMARY
  • 2. ADVANCED ANALYTICS IN THE DIGITAL SECURITY DOMAIN
    • 2.1. Demystifying Analytics in Digital Security Endeavors
    • 2.2. Sources of Intelligence and Implementing Third-Party Options
    • 2.3. Deep Learning and Anomaly Detection
    • 2.4. Market Sizing for Digital Security Analytics
  • 3. STRATEGIC RECOMMENDATIONS AND INSIGHTS
    • 3.1. Prerequisites for "Dependable Intelligence"
    • 3.2. The Misrepresentation of Security Analytics in Cyber-Forensics
    • 3.3. Application-Specific versus a Multi-Facited Approach
    • 3.4. The Big Picture versus Finding the Source
    • 3.5. Demystifying Big Data in Security Analytics
  • 4. VENDOR PROFILES
    • 4.1. IBM
    • 4.2. LogRhythm
    • 4.3. Cisco
    • 4.4. CrowdStrike
    • 4.5. McAfee
    • 4.6. Darktrace
    • 4.7. Exeon Analytics
    • 4.8. empow
    • 4.9. Dojo

Companies Mentioned

  • IBM Corp
  • IPS Group
  • McAfee Inc
  • Splunk Inc.

 

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る