世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

コネクテッドカーのセキュリティ:アタックポイントとその方法

Securing the Connected Car - Attack Points and Methods

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2014年3月お問い合わせください

*日本語/英語併記です。

サマリー

車両へのサイバーアタックは現実味を帯びています。コネクテッドカーのエコシステムには50以上のアタックポイントが存在しています。現代の車はどのような危険にさらされているのか、アタックポイント及びアタック手法にはどのようなものがあるのか、本書では現代の車両が直面している脅威を取り上げ、そのアタック手法を解説しています。

今日、有線と無線どちらにも、ハッキングが可能な広範なアタックポイントが存在しており、 セキュリティの脅威が増加しています。

 

車両へのネットワーク接続が進んだことで、車両メーカーによって様々なサービスがユーザーに提供されるようになりました。ユーザーは移動中に必要な情報を入手することが可能となり、シームレスな接続が実現されています。

車両が従来の機械システムからモバイルコンピュータのネットワークシステムへ変化したことで数多くのアタックポイントが現れ、単なる悪ふざけから大規模なテロ攻撃まで、多様な動機を持ったハッカーがそれに興味を示しています。

主に懸念されるアタック影響はデータ抽出(個人または車両情報)、車両盗難、リモートコントロール及びサービス拒否(DoS)による安全機能への侵害です。こうしたアタックはセーフティ、セキュリティ、プライバシーの全てに影響することから、車両メーカーは企業イメージダウンや金銭的損失に繋がる訴訟が引き起こされる可能性もあります。

本書はコネクテッドカーエコシステムにかかわる車両メーカー及び関連企業に、車両とその関連インフラストラクチャがどのような危険にさらされているかを、現在のサイバー犯罪レベルやアタックについての学術研究、今後の傾向を踏まえた各アタックポイントの潜在的影響及びその「脅威ステータス」を評価し、分かりやすく解説しています。

全てのアタックポイントが危険にさらされていますが、本書ではその中でも特に危険性が高く攻撃者が注目していると考えられるポイントに着目しています。

本書はまず、車内、モバイルネットワークの経由及びバックエンドのITインフラストラクチャまで、エコシステム全体のセキュリティを考えることの重要性とそれぞれにある潜在的脅威を提示しています。

 

現代の車両においてコネクテッドカー技術は、便利な機能として受け入れられています。「コネクテッドカーのセキュリティ:アタックポイントとその方法」では、コネクテッドカーのエコシステムにおける理論上で発表されている脅威と実際に実行されている脅威を分類し、解説しています。車両のネットワーク接続が進むにつれて状況は複雑化し、セキュリティの脅威は増加しています。

本書はコネクテッドカーがどのような動機でどのようにアタックされるのか、車両メーカーとそのサプライヤーにとっての注意すべき脅威は何かの理解に役立てていただくことができます。車内からモバイルネットワークの経由、バックエンドのITインフラストラクチャまで、各々のセキュリティの重要性に着目しています。




 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る