世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

次世代E/Eアーキテクチャの進化および技術の牽引要因

Evolution and technology drivers for next generation E/E-architectures

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2020年2月お問い合わせください

日英データ版で提供します。

サマリー

SBD AutomotiveではE/Eアーキテクチャソリューションの機能、特徴、特性やCASEの設計空間との関係について解説したレポート「次世代E/Eアーキテクチャの進化および技術の牽引要因」を発行致しました。

 


 

E/Eアーキテクチャに対する包括的なアプローチをとることは、車両の安全性、セキュリティ、システムの利便性を向上させることができる一方、メーカーにとってはコスト低減というメリットもあります。5年度の消費者のコネクテッドカー、自動運転車、モビリティに対する期待に応えられるかどうかは、今、E/Eアーキテクチャに関しどのような決定を下すかにかかっています。

ハイパーバイザ、イーサネットドメインコントローラ、サービス指向アーキテクチャ(SOA)など多様なソリューションの中から、 消費者のニーズに沿ったものを適切な価格で提供することが重要です。本書「次世代E/Eアーキテクチャの進化および技術の 牽引要因」ではアーキテクチャ設計空間における長所と短所を詳説し、確かな情報に基づいた戦略的意思決定を支援します。

  • 2025年までに、主要なOEMグループはすべて、 1つ以上の車種に高帯域幅アーキテクチャを搭載すると 予測される。高帯域幅テクノロジーがない機能モジュールと機能指向アーキテクチャは、最先端ではなくなる。
  • サービス指向アーキテクチャは2025年より前に市場に 登場し、かなりの数のOEMがサービス指向への移行を橋渡しするアーキテクチャを採用するとみられる。
  • 機能帯域幅アーキテクチャは、特にそれらの技術が向上し続けているため、近い将来に廃れることはない。
  • ただし、機能帯域幅への移行に伴い、高帯域幅テクノロジー の大幅な分散シフトが発生する可能性がある。

エグゼクティブサマリ

  • E/Eアーキテクチャの進化、キープレーヤー、CASEを実現するための技術、今後の動向予測、推奨事項などについてわかりやすく要点をまとめる。

E/Eアーキテクチャが重要な理由

  • E/Eアーキテクチャが重要な理由、およびさまざまな機能とエクスペリエンスを実現するためのアーキテクチャ設計に伴う幅広いトピックについてわかりやすく説明する。

最先端技術

  • 現行のE/Eアーキテクチャのタイプ、各アーキテクチャの概要、ケース スタディ、導入状況などについて解説する。

変化の推進要因

  • 自動車業界のイノベーションによるE/Eアーキテクチャへの影響について検証する。

技術ソリューション

  • 進化を推進し、課題を解消するための様々な技術ソリューションについて考察する。

将来の展望

  • OEM、サプライヤー、ステークホルダーによる取り組みから将来の展望を考察する。


目次

エグゼクティブサマリー 5

E/Eアーキテクチャが重要な理由 15

インサイト

ユーザーエクスペリエンスの例

正しい対応をとるために

意思決定 検討すべき項目

「機能」から「エクスペリエンス」へ

最先端技術 29

方法論

機能モジュール

  • シングルCANアーキタイプ
  • デュアルCANアーキタイプ

機能指向アーキテクチャ

  • ゲートウェイアーキタイプ
  • ファイバーインフォテインメント付きゲートウェイアーキタイプ

機能帯域幅

  • 自動運転オーバーレイアーキタイプ
  • ベーシックイーサネットアーキタイプ
  • イーサネットバスアーキタイプ

機能ドメイン

  • バックボーン上の機能ドメインコントローラーアーキタイプ

まとめ

変化の推進要因 118

コネクティビティ

自動運転

シェアモビリティ

電動化

製造/サービス

商用化

法制度

結論

技術ソリューション 128

はじめに

関連性の維持

実現技術

低リスクなイノベーション

革新的なエクスペリエンスとソリューション

結論

将来の展望 162

機能帯域幅の観点

機能ドメインの観点

サービス指向アーキテクチャの観点

SBDエキスパートの観点

結論

用語集 202
 

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る