世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

会員登録

マイページ

コネクテッドサービスに対するユーザー調査-インド

Connected Car User Survey- India

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2017年6月お問い合わせください

*日英データ版での提供です。

サマリー

日本語版 : 6月発行  英語版 : 5月発行

SBDでは、急速な変化を遂げるインドの 自動車、そして特に車載機能に対する消費者意識の動向を探る為、ユーザー調査を実施致しました。

車に関するインド国民の意識は確実に高まりを見せており、これまでの「車の所有」=「ステータスシンボル」という認識は、特に大都市圏においては過去のものになりつつあることが今回の調査で明らかになりました。


 

「コネクテッドサービスに対するユーザー調査-インド」四半期毎更新 ~ Why did we conduct this survey?

世界で最も経済発展が著しいインドでは可処分所得が着実に増加しており、自動車メーカーにとって非常に重要な市場になりつつあります。

スマートフォンの急速な普及に伴い、OEMはCarPlayやAndroid Autoなどのソリューションを含む車両向け通信型サービスを次々に投入し始めています。

更に都市部ではZoomcar、Mylesといった新たなレンタカーサービスやOla、Uberなどのアプリベースのタクシーサービスが登場しています。

SBDでは、このように急速な変化を遂げつつあるインドの自動車、そして特に車載機能に対する消費者意識の動向を探ることを目的として調査を実施しました。

 

概要

意識調査の概要と調査結果の要旨

 

車と技術に対する消費者意識が全体的にプラスの方向に変化していることが本調査で明らかとなり、これは朗報である。
インドは依然としてコストに敏感な市場であるが、通信型機能への関心度の高さは自動車メーカーにとっては絶好のチャンスである。
しかし、それを活かすには消費者教育の強化とディラーの更なる取り組みが不可欠である。

Abhishek Visveswaran
Director, India

 

調査方法および調査対象

調査の構成、回答者のプロファイル、対象都市、調査タイプ、所有車種

 

調査結果(車両所有者)

 

調査結果(車両非所有者)



 

ページTOPに戻る

同社・類似レポート一覧

  • 同社同テーマのレポートはありません。

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問い合せは、お電話・メール・WEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問い合せはこちらのフォームから承ります

office@dri.co.jp

このレポートへのお問い合せ

03-3582-2531

電話お問い合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

関連テーマリポート

レポート詳細検索フォームへ

 

ページTOPに戻る