世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

自動運転機能ユーザビリティベンチマーク評価 - BMW 3シリーズ

ADAS HMI Benchmarking

SBDエキスパートによる最新ADAS評価レポートシリーズ

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2019年8月お問い合わせください

*日英データ版です。発注後3営業日程度での納品が可能です。

サマリー

本レポートシリーズでは評価対象車種に搭載されているADASのHMIがシステム作動時、

走行中のシステム支援時などにどのように提供されているかを検証しています。

四半期毎に1車種1システムを対象とした評価を実施し、1年で4車種の評価レポートを提供します。

2018年4月発行のレポートもご参照ください。


 

自動車業界ではより高度な自動運転技術の導入が進んでおり、OEM各社はADASの性能や限界をユーザーが正しく理解できるよう対策を講じる必要があります。ここで重要な役割を果たすのがヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)です。

SBDではADASのHMIが走行中および停止中にどのように提供されているかを検証、評価したレポートをシリーズで発行しています。各年、四半期毎に1車種1システムを対象として実施、1年で4車種の評価レポートを提供します。

本書「自動運転機能ユーザビリティベンチマーク評価 - BMW 3シリーズ」では、BMW 3シリーズ搭載のADASを対象に各システムの概要、操作方法、主なプラスポイントとマイナスポイント、使いやすさ、システムの評価、SBDエキスパートの見解などを掲載しています。

2019年度評価予定車種:「NIO ES8」「Mercedes-Benz A-Class」ほか

 

テスト方法

本シリーズでの最新評価対象車種およびADASシステム

※評価対象ADASシステムは車種により異なります。

※Audi A8については、当初SAEレベル3機能のベンチマーク評価を行う計画でしたが、該当機能の公道使用が可能となる見込みが立たないため、法規制上使用可能なSAEレベル2までの運転支援機能のベンチマーク評価を行っています。

SBDでは、HMIに関する数々の既存のガイドライン(ESOP、UMTRI、NHTSA)と、自動車業界で20年以上の経験を持つSBDのADASエキスパートの知識に基づき、ADAS HMIのゴールデンルールを提案しています。

指針1

運転中のドライバーの視線が路上から逸れる時間を最小限に抑える

• フィードバックはドライバーの視野内に表示する
• コントロールはドライバーが直ちに操作できる位置に配置する
• 頻繁に使用するシステムは2回以内の操作で起動させる、など

指針2

分かりにくさを排除する

• 安全に関するフィードバックは最優先で通知する
• ドライバーが常に状況を把握できるよう、システムの状態を表示する
• HMIに統一性を持たせる、など

各システム毎に下記の項目について解説・紹介しています。

システムの評価

  • 下記評価基準を「全ての要件を満たしている」から「要件を満たしていない」までの5段階で評価しています。

 



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る