世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

会員登録

マイページ

V2Xガイド ~ 車車間/路車間通信のグローバル最新動向(更新版) (802)

V2X Guide

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2017年2月お問い合わせください

*日英データ版です。

サマリー

現在の自動車業界では、コネクティビティと自動化のレベルがさらに向上した車両の開発を推し進めています。V2X は市場成熟までにはいまだ時間がかかるものの、既に車両とインフラを結ぶソリューション候補として検討されており、情報を絶えず共有する収益構造を形成しています。

本書ではV2X 技術が地域レベルおよび国際レベルで車両通信の普及に及ぼす影響について解説しています。

本書では下記に関しての概説に加え、グローバル展開マップを追加しました。

・様々な地域における主な進展と、V2X が市場に導入されるプロセス

・V2X の導入を推進するために解決が必要な主な課題

・V2X が様々なレベルの自動化に及ぼす影響と、V2X の導入が実現し得る時期

 

SBD では2016年3 月に発行した「V2X ガイド~ 車車間/路車間通信のグローバル最新動向」にグローバル展開マップを追加した更新版を発行致しました。
 

 

地域別状況

本書では、欧州、米国、日本、中国市場を網羅しています。各市場における最新の状況、採用されている技術、主要組織、将来の展開、目指すユースケースをわかりやすくまとめています。

V2X のセキュリティ

欧米においてV2X のセキュリティ確保に取り組んでいる主要組織、V2X のセキュリティ要件、SCMS(セキュリティ資格情報管理システム) の概要、LTEおよびDSRC が直面するリスクについて検証しています。

技術概要

V2X のタイプ(V2C、V2V、V2P/B、V2M、V2I、V2G) ごとに概要と主要ケースを解説するとともに、V2X 技術、構成要素、業界が直面している様々な課題について詳しく検証しています。

グローバル展開マップ

世界各地域で進行中/計画中の試験運用について紹介しています。

V2X の収益構造

V2X バリューチェーンの主要プレーヤーおよび収益構造の成熟度について詳細に解説します。

今後の展望

V2X による自動化への影響について解説するとともに、今後のロードマップ、V2X の市場浸透予測を提供しています。


 



 

ページTOPに戻る

同社・類似レポート一覧

  • 同社同テーマのレポートはありません。

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問い合せは、お電話・メール・WEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問い合せはこちらのフォームから承ります

office@dri.co.jp

 

ページTOPに戻る