世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

ADASおよび自動運転車市場予測 2020 - 日本

JAPAN ADAS & Autonomy Forecast 2020

各種ADASシステムおよびそのベース技術の装着率の将来予測を地域レベルで検証

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2020年6月お問い合わせください

サマリー

SBDの発行する「ADASおよび自動運転車市場予測2020 - 日本は、日本市場における2026年までのADAS普及予測をADAS技術・機能別、OEM別、SAEレベル別に掲載します。機能別では販売台数および装着率予測、技術別セクションでは技術別年間収益を比較可能な一つのグラフで示しながら、各技術ごとの販売台数および収益予測を示しています。またOEMごとの機能別・技術別の年間搭載率も示しています。

 


 

日本では1990年代に初期の先進運転支援システム(ADAS)が市場投入され、それ以
来市場の要請に押されてADASの普及は実質的な成長を示し始めています。

2014年から日本でもJNCAP衝突安全テストプログラムにおいて一部のADASシステム
が5つ星レーティングの評価対象となっています。

「衝突予知安全カテゴリー」でテストされるADAS機能は当初は衝突回避(CA)と車
線逸脱警報(LDW)システムのみでしたが、その後数年間の間にJNCAPは段階的にテ
スト要件を強化し、車線維持支援(LKA)、対歩行者衝突回避、ハイ・ロービーム自
動切換え(AHD)をテスト対象に加えた他、夜間での対歩行者衝突回避などのシステ
ム性能のテストも実施するようになっています。

本書では日本における各種ADASシステムの機能別販売量および搭載率、技術別販売量
および年間収益
を検証し、自動車メーカー単位ではADASシステムの機能別および技術
別の年間搭載率
を検証しています。

 


 

本書の構成

 

市場における機能別市場予測–対象システム・技術

  • ACC-アダクティブクルーズコントロール
  • PD-パイロットドライブ
  • FCW-前方衝突警告
  • CA-衝突回避
  • NV-ナイトビジョン
  • TSR-交通標識認識
  • LDW-車線逸脱警告
  • BSM-死角モニタリング
  • RCTA-リヤクロストラフィックアラート
  • DM-ドライバーモニタリング
  • AHD-ハイ・ロービーム自動切換え
  • SAPA-半自動車アシスト
  • FAPA全自動車アシスト
  • RP-リモート駐車

 

主な動向分析

  • 日本のADAS市場は、2019年の8億7400万ユーロから2026年には10億1000万ユーロに成長すると予想される
  • SAEレベルにおけるADAS搭載率ではSAEレベル1における搭載率が最も高い

 

 


 

市場予測-機能別・技術別
ADAS機能別・技術別に2026年までの普及予測を掲載

  • <機能別>年間販売台数および搭載率
  • <技術別>年間販売量および年間収益

市場予測-SAEレベル別
SAEレベル3および4の2032年までのADAS搭載率予測を掲載

市場予測-OEM別
OEM別に機能および技術の搭載率予測を掲載



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る