世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い



“自動車(クルマ)×自動運転”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“自動車(クルマ)×自動運転”の進化による未来予測≪2016‐2036≫~未来絵 編 ~

 

出版社 出版日電子媒体価格ページ数
ESP総研
2016年12月 ¥ 180,000 (税別)
PDF(CD-R)
122p

※A4版、カラー表示。

サマリー

ESP総研が発行するレポート「“自動車(クルマ)×自動運転”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“自動車(クルマ)×自動運転”の進化による未来予測≪2016‐2036≫~未来絵 編 ~は、“自動車(クルマ)×自動運転”によって、今後20年で、業界全体がいったいどのように変わるのか、先端技術調査や業界キーマンへの多面的なインタビューを通じて、5年後、10年後、20年後の未来を予測し、来るべき社会の未来像をイメージしやすいイラスト(未来絵)によってまとめた調査報告書です。


 

【はじめに】

  “自動車(クルマ)×自動運転”によって、今後20年で、業界全体がいったいどのように変わるのか?イノベーション(変革)ポイントをしっかり捉え、1シーン毎に直感的に分かりやすくイラスト(未来絵)化&未来予測して欲しい!こうしたリクエスト(声)を数多くの方々から頂いた。

 特に、 “自動車(クルマ)×自動運転 ×最先端技術” に着眼するメーカーまたは関連会社の研究開発部門の方々、関連ソリューションやサービス、プロダクツ(製品・部品)を提供する企業の皆さま、ITベンダの営業企画・事業推進部門の方々、研究開発部門の方々、ならびに“自動車(クルマ)×自動運転×最先端技術” に着眼する幅広い皆さまからである。

 今や「イノベーション(変革)」が各業界・分野毎に叫ばれている時代。その「イノベーション(変革)」によってどのような未来が創造されるのか?先端技術調査や業界キーマンへの多面的なインタビューを通じて、5年後、10年後、20年後の未来を予測し、来るべき社会の未来像を可視化・イラスト化(未来絵 化)することが求められている。

 こうした声を受けて、この度、『 “自動車(クルマ)×自動運転”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“自動車(クルマ)×自動運転”の進化による未来予測≪2016‐2036≫~未来絵 編 ~』を発刊することとなった。

「自動車(クルマ)×自動運転」分野を中心に徹底的に最先端技術調査を実施し、その中で、時間軸で見て「未来カットシーン」「最先端カットシーン」など、尖がっている「観点」については網羅的に全てを抽出した。

 重視した抽出条件は、「将来、“自動車(クルマ)×自動運転” に着眼するメーカーまたは関連会社の研究開発部門の方々、関連ソリューションやサービス、プロダクツ(製品・部品)を提供する企業の皆さま、ITベンダの皆さまの研究開発に役立つかどうか」「将来、“自動車(クルマ)×自動運転×最先端技術”に着眼する皆さまにとって役立つかどうか」「時間軸で見て、最先端 あるいは 近未来・遠未来のシーンかどうか」「斬新さ(サプライズ)があるかどうか」「観点の鋭さ=尖がっているかどうか(サービス・製品・ソリューション開発や技術開発に役立つかどうか)」「気づき・アイデア」となっているかなどである。これらのハードルをクリアした「観点」(ユニークで斬新な観点)は網羅的に全て抽出した。

 今回、ESP総研では総力を結集して“自動車(クルマ)×自動運転”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“自動車(クルマ)×自動運転”の進化による未来予測≪2016‐2036≫~未来絵 編 ~  レポート を刊行するに至ったが、当該調査&未来絵制作を担当した 伊藤 伸隆 によれば、以下の調査&未来絵(イラスト化)制作 所感を述べているので、参考にして頂きたい。

 

  •  全自動運転による都心部が大きく変化するだろう。都心部から駐車場は姿を消し、道路面積は縮小し、歩行者などに向けたスペース・企業向けの土地・自然設備が拡大するだろう。
  •  ビジネス面では、全自動運転による運送、販売の自動化が進む他、タクシーなどの送迎サービスも自動化されるだろう。高齢者に向けたサービスや、過疎地などに向けたサービスも活発になるだろう。
  •  観光面では、各種交通機関を結ぶ移動手段に全自動運転車が活躍するだろう。また、移動範囲の拡大や、観光に回す時間の長期化が進むだろう。
  •  全自動運転に向けた自動車技術の向上は、さらに多岐に渡ってサービスを生み出すだろう。車内のプライベートルーム化によってリラックスできるようになり、業務向けにもカスタマイズが進むだろう。また、シェアカーサービスの広がりが社会のありかたを大きく変えるだろう。
  •  全自動運転の運転補助技術により、各場所での事故・ヒヤリハットが無くなるだろう。また、センサー・HMIの向上により視認性・利便性が飛躍的に直感的となるだろう。
  •  全自動運転に向けた人工知能技術により、利用者ごとに最適な設定で、最高の自動車体験が提供されるだろう。
  •  全自動運転に向けたビッグデータの活用により、各車両ごとのデータが徹底解析・運用され、社会全体の安全性・利便性の向上に貢献するだろう。

 

 今回の調査を通じて、さらに全自動運転の研究開発が進み、より具体的な近未来ヴィジョンが見えてきた。

 皆さまからの強い期待とリクエストによって、 “自動車(クルマ)×自動運転”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“自動車(クルマ)×自動運転”の進化による未来予測≪2016‐2036≫~未来絵 編 ~をレポート化することとなったが、この調査報告書が「自動車(クルマ)×自動運転」に着眼する全ての皆様の研究開発(R&D)活動ならびにマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

 


 

【サブタイトル】

~ “自動車(クルマ)×自動運転”がもたらす近未来市場(社会)創造、最先端技術調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化≪総括絵8枚、個票絵111枚≫~

【調査対象】

・「自動車(クルマ)×自動運転」分野 全般

【調査方法】

・弊社専門調査員による最先端技術調査後、“自動車(クルマ)×自動運転”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化、つまり未来絵の制作(総括絵、個票絵)を行った。

【調査&レポート期間】

・ 2016年11月2日(自動車(クルマ)×自動運転×最先端技術 調査開始)~2016年11月11日まで自動車(クルマ)×自動運転×最先端技術調査を実施し、2016年12月10日に未来絵(イラスト)制作(個票絵ならびに総括絵)が終了した。



目次

~ “自動車(クルマ)×自動運転”がもたらす近未来市場(社会)創造、最先端技術調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化(総括絵8枚、個票絵111枚)~ P1

Ⅰ.総括 編 P2

1.都市の変化 P3
2.ビジネス P4
3.ビジネス・観光 P5
4.自動車 P6
5.運転補助 P7
6.センサー・HMI P8
7.人工知能 P9
8.ビッグデータ・安全 P10

Ⅱ.個票 編 P11

(1) 都市:いつでも呼べるロボットカー P12
(2) 都市:個人自動車の交通量が減少 P13
(3) 都市:交通量の向上 P14
(4) 都市:交差点の安全性が向上 P15
(5) 都市:自動車道が最適化されて土地の再利用 P16
(6) 都市:遊歩道が増える P17
(7) 都市:自然環境の改善 P18
(8) 都市:交通弱者の安全性向上 P19
(9) 都市:路上駐車が無くなる P20
(10) 都市:標識が無くなる P21
(11) 都市:高速道路の小型化 P22
(12) 都市:自動運転専用レーン P23
(13) 都市:駐車場が消える(都心部) P24
(14) 住宅:駐車場が消える(一般家庭) P25
(15) 住宅:住宅街が静かで安全になる P26
(16) ビジネス:都会と田舎の人材流動 P27
(17) ビジネス:ラストワンマイル走行 P28
(18) ビジネス:物流事業者のトラック隊列走行 P29
(19) ビジネス:物流事業者の自社運送 P30
(20) ビジネス:自動バレーパーキング P31
(21) ビジネス:空港・駅構内までの送迎 P32
(22) ビジネス:深夜タクシーの拡大 P33
(23) ビジネス:食料品の自動配達 P34
(24) ビジネス:ロボットカーで配達運送 P35
(25) ビジネス:宿泊施設までの荷物集配 P36
(26) ビジネス:医療用ロボットカー P37
(27) ビジネス:介護用ロボットカー P38
(28) ビジネス:シニアドライバー補助 P39
(29) ビジネス:過疎地との中継 P40
(30) ビジネス:自動車保険の低価格化 P41
(31) ビジネス:自動車メーカー向けの保険 P42
(32) ビジネス:ロボットカーのレース P43
(33) 観光:移動時の過ごし方 P44
(34) 観光:どこでもドアのように P45
(35) 観光:旅行スケジュールの変化 P46
(36) 観光:スタートとゴール地点が違っても良い P47
(37) 観光:高齢者・若年層の利用見込み P48
(38) 観光:海外観光客の利用 P49
(39) 自動車:携帯で呼べるロボットカー P50
(40) 自動車:ワンアクションで目的地へ P51
(41) 自動車:利便性と娯楽性の両立 P52
(42) 自動車:必要とされるまで無人動作 P53
(43) 自動車:自動運転車両の地下拠点 P54
(44) 自動車:各団体がシェアカーを運営する P55
(45) 自動車:自動車の消費サイクル P56
(46) 自動車:燃費向上 P57
(47) 自動車:故障予知 P58
(48)自動車:車内が部屋になる P59
(49) 自動車:オフィスの機能を持った自動運転車 P60
(50) 自動車:車椅子対応の自動運転車 P61
(51) 自動車:コンテンツ利用 P62
(52)自動車:ステアリングが姿を消す P63
(53)自動車:ドライバー認識装置 P64
(54) 運転補助:ステアリング制御の自動化(トラフィックジャムアシスト) P65
(55) 運転補助:路面検知の自動化(i-ACTIV AWD) P66
(56) 運転補助:オートブレーキ(インテリセーフ) P67
(57) 運転補助:渋滞運転の自動化(プロパイロット) P68
(58) 運転補助:車車間距離の自動制御(アダプティブ・クルーズ・コントロール)P69
(59) 運転補助:車線維持の自動化(レーン・キーピング・エイド)P70
(60) 運転補助:車線変更の自動化(パイロットドライブ)P71
(61) 運転補助:追い越しの自動化(パイロットドライブ)P72
(62) 運転補助:高速道路合流の自動化(パイロットドライブ)P73
(63) 運転補助:高速道路分岐の自動化(パイロットドライブ)P74
(64) 運転補助:インターチェンジ走行の自動化(パイロットドライブ)P75
(65) 運転補助:交差点左折の自動化(パイロットドライブ)P76
(66) 運転補助:信号停止の自動化(パイロットドライブ)P77
(67) 運転補助:駐車の自動化(パーク・アシスト・パイロット)P78
(68) 運転補助:ロー・ハイビームの自動切替え(オートマチックハイビーム)P79
(69) 運転補助:緊急回避の自動化 P80
(70) センサー:高精度センシング技術 P81
(71) センサー:レーザースキャナー P82
(72) センサー:360度カメラ(8カメラシステム)P83
(73)センサー:動きのセンシング P84
(74)センサー:各種センサーの融合活用 P85
(75)センサー:センチメーター級の高精度測位 P86
(76) HMI:メータークラスタ(オートパイロット) P87
(77) HMI:センタークラスター(オートパイロット)P88
(78) HMI:ヘッドアップディスプレー(オートパイロット)P89
(79) HMI:パイロットドライブコマンダー(オートパイロット)P90
(80) HMI:最小限の視線移動(アクティブ・ドライビング・ディスプレイ)P91
(81) HMI:直感的表示(インテリセーフ・オートパイロット)P92
(82) HMI:標識認識の自動化(交通標識認識システム)P93
(83) 人工知能:認識技術 P94
(84) 人工知能:判断技術 P95
(85)人工知能:深層学習 P96
(86) 人工知能:想定外の事態への対応 P97
(87) 人工知能:動作ログの確認ができる P98
(88)人工知能:最適経路の自動化 P99
(89) 人工知能:気を遣わずに楽 P100
(90) 人工知能:ガソリンスタンドの自動検索 P101
(91) 人工知能:ライトの自動最適化(アダプティブ・LED・ヘッドライト) P102
(92) 人工知能:個人的な趣味嗜好を記憶 P103
(93) 人工知能:材料探索 P104
(94) ビッグデータ:ダイナミックマップ P105
(95) ビッグデータ:インフラ協調・通信 P106
(96) ビッグデータ:走行データーの共有化 P107
(97) ビッグデータ:車両間のデータ移行 P108
(98) ビッグデータ:プローブデータ P109
(99) ビッグデータ:車載通信機の国際共通化 P110
(100) ビッグデータ:ビッグデータ解析(トヨタ・ビッグデータ・センター)P111
(101) 安全:技術・能力を問わずに安全運転 P112
(102) 安全:障害者・高齢者の運転 P113
(103) 安全:ドライバーの集中力見守り P114
(104) 安全:デッドマンシステム P115
(105) 安全:交通事故の激減 P116
(106) 安全:歩行者を守る(シティ・セーフティ)P117
(107) 安全:自転車を守る(シティ・セーフティ)P118
(108) 安全:急カーブの事故減少 P119
(109) 安全:交差点の事故減少 P120
(110) 安全:エアバッグ自動救急 P121
(111) 安全:1兆マイル規模の信頼 P122

奥付け

 

COPYRIGHT(C) 2011-2020 DATA RESOURCES, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.