世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い



2014年「M2M(エムツーエム)」に関する今後5カ年(2014年度~2018年度)の対象セグメント別の普及シナリオ予測【特別企画調査】

 

出版社 出版日冊子体+電子媒体価格ページ数
ESP総研
2014年1月 ¥ 950,000 (税別) 1,214p

*章毎の部分販売が可能です。価格は、下記をご参照ください。

サマリー

【はじめに】

 2014年に入って間もなく1か月が過ぎようとしているが、IT業界において、「M2M(エムツーエム)」市場は今なお注目を浴びている。「クラウド」「ビッグデータ(BigData)・ソーシャル」「SDN」と並んで「4大Bigトレンド・テーマ」の1つとなっており、「M2M(エムツーエム)」市場への期待感は年々高まっている。

 しかしながら、今後「M2M(エムツーエム)」市場が実態的にどの程度のスピードで普及拡大し、短期的かつ長期的に見てどういった用途・分野(セグメント)でどの程度の市場(規模)が見込めるのか?未だに不透明とジレンマを抱えている(積極的に当該ビジネスを推進していきたいが、果たして、今後どこまで普及拡大していくのか?見えないと認識している)「M2M(エムツーエム)」ベンダも少なくない。

 また、現時点では氷山の一角でしかない「M2M(エムツーエム)」顕在・実態市場規模のみを(当該主要ベンダに対する当該売上のヒアリングによって)積み上げ(ボトムアップ)方式で捉えるのみならず、用途・分野(セグメント)別に公開統計を把握し、トップダウン方式によって潜在市場規模を把握する(楽観・悲観といったシナリオで場合分けして普及予測を行う)ことで、「M2M(エムツーエム)」市場は、本来であればどの程度の市場(π)が見込めるのか?顕在・実態市場規模と潜在市場規模とのギャップ(氷山の一角とはどの程度の割合なのか?)を試算・予測して欲しい(当該主要ベンダへのヒアリング:定点観測も継続して行って欲しいが、別の角度で多面的且つ網羅的に市場全体を俯瞰して欲しい)といった要望(声)を数多くの企業(業種/部門)から頂いた。

 従って、ESP総研では、こうしたニーズに迅速且つ柔軟に応えるべく、まずは2013年12月にエヌ・ティ・ティ・ドコモ、KDDI、ソフトバンクに対して「通信モジュールサービス」に関する実態調査・普及予測を実施した。<1>過去からの「契約回線数」推移と分析 <2>今後20年後までの普及予測(平均シナリオ) <3>今後20年後までの普及予測(悲観シナリオ) <4>今後20年後までの普及予測(楽観シナリオ)<5>通信モジュール単価調査ならびに金額ベースでの売上予測などに関する深堀調査である。

 次にESP総研が発刊した『 2013年「M2M(Machine to Machine)」ビジネス×「ターゲッティング(用途・適用分野)」の現状・実態に関する深堀調査』の最新調査結果をベースに、対象セグメント(大分類14セグメント/小分類336セグメント)毎に公開統計を抽出するところからレポーティング作業を開始した。

 さらに、 (1) M2M(エムツーエム) ビジネス⇒「通信モジュール」ビジネス×平均実績価格 裏付け<携帯キャリア3社にヒアリング(イニシャライズコストの平均、ランニングコストの平均、2015年度以降の 年率推移(予測))> (2) M2M(エムツーエム)”ビジネス×潜在市場規模算出(今後5カ年での普及予測)-「Japan-VALS2」アプローチ- (3)「Japan-VALS2」アプローチ-×大分類セグメント(14種類)別 普及予測率(%)×テーブルMAP  → M2M(エムツーエム)”ビジネス×(用途・適用分野)セグメント別 普及率(%)調査結果を反映 (4) “通信モジュール”ビジネス×携帯キャリア3社の数量(平均シナリオ)・金額(売上)合計推移・予測<20年後までの予測推移(数量ベース)>(2011年11月時点 実績~2033年度 予測) 表、グラフ(TOTAL推移) (5) “通信モジュール”ビジネス×携帯キャリア3社の数量(平均シナリオ)・金額(売上) 合計推移・予測<10年後までの予測推移(数量ベース)>(2011年11月時点 実績~2023年度 予測) グラフ(通信キャリア3社×セグメント別 推移、シェア) (6) “通信モジュール”ビジネス×携帯キャリア3社の数量(平均シナリオ)・金額(売上) 合計推移・予測<7年後までの予測推移(金額ベース)>(2011年度 実績~2020年度 予測) 表、グラフ(TOTAL推移) 、グラフ(通信キャリア3社×セグメント別 推移、シェア)
から基本ロジック・普及予測根拠 を組み立てた。

 上記の作業によって、潜在市場規模算出 (TOTAL/大分類14セグメント/小分類336セグメント×今後5カ年における普及予測) を徹底的に実施した。

 最終的にレポートしたポイントであるが、
1) 「“M2M(エムツーエム)”ビジネス 」×対象セグメント(用途・分野)の抽出方法
2)対象分野:大分類14(小分類336)セグメントにおける「 “M2M(エムツーエム)”ビジネス 」潜在市場規模(5カ年:2014年度~2018年度)推移・普及予測(TOTAL)<通信サービス(回線利用料収入)のケース>
3)対象分野:大分類14(小分類336)セグメント×「 “M2M(エムツーエム)”ビジネス 」潜在市場規模(5カ年:2014年度~2018年度)推移・普及予測<通信サービス(回線利用料収入)のケース>(楽観予測:金額ベース)<1>表<2>グラフ(セグメント別×潜在市場規模推移)
4)対象分野:大分類14(小分類336)セグメント× 「 “M2M(エムツーエム)”ビジネス 」潜在市場規模(5カ年:2014年度~2018年度)推移・普及予測<通信サービス(回線利用料収入)のケース>(楽観予測:金額ベース) <1>表<2>グラフ(セグメント比率(%)別×潜在市場規模推移)
5)対象分野:大分類14(小分類336)セグメント× 「 “M2M(エムツーエム)”ビジネス 」潜在市場規模(5カ年:2014年度~2018年度)推移・普及予測<通信サービス(回線利用料収入)のケース>(悲観予測:金額ベース)<1>表<2>グラフ(セグメント別×潜在市場規模推移)
6)対象分野:大分類14(小分類336)セグメント× 「 “M2M(エムツーエム)”ビジネス 」潜在市場規模(5カ年:2014年度~2018年度)推移・普及予測<通信サービス(回線利用料収入)のケース>(悲観予測:金額ベース) <1>表<2>グラフ(セグメント比率(%)別×潜在市場規模推移)
7-1)「 “M2M(エムツーエム)”ビジネス 」潜在市場規模(5カ年:2014年度~2018年度)と、顕在(実態)市場規模( 5カ年:2014年度~2018年度)推移・普及予測<通信サービス(回線利用料収入)のケース>との比較(金額ベース)*現時点において、顕在<実態>マーケットTOTAL(金額ベース)は潜在マーケットTOTAL(楽観予測×金額ベース)の何割(%)なのか?
7-2)「 “M2M(エムツーエム)”ビジネス 」潜在市場規模(5カ年:2014年度~2018年度)と、顕在(実態)市場規模( 5カ年:2014年度~2018年度)推移・普及予測<通信サービス(回線利用料収入)のケース>との比較(金額ベース)*現時点において、顕在<実態>マーケットTOTAL(金額ベース)は潜在マーケットTOTAL(悲観予測×金額ベース)の何割(%)なのか?
8) 「 “M2M”ビジネス 」×対象分野シェア(大分類×14セグメント 別シェア) ※抽出件数(合計) 2,360件×「テーマ(分野)」の集計&分析(顕在<実態>マーケット、潜在マーケット)
9)日本市場における「M2M(ビジネス)」×用途・適用分野 マトリックス俯瞰図(大分類・中分類・小分類 × 合計抽出件数) *市場規模算出のベースとなった「基本統計」も添付した。 
10)「“M2M(エムツーエム)”ビジネス×通信サービス(回線利用料収入)×対象エリア(場所):大分類14(小分類336)セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測(2014年度~2018年度)<数量ベース/金額ベース>【楽観シナリオ 予測】 【悲観シナリオ 予測】
などである。
 

 この調査報告書が“M2M(エムツーエム)”関連ビジネスに着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

【サブタイトル】

~大分類14セグメント(小分類336セグメント)の用途・適用分野(セグメント)別×公開統計の抽出ならびに、公開統計をベースとした「Japan-VALS2」普及予測ロジックによるトップダウン式潜在市場規模<2014年度~2018年度>算出(楽観シナリオ/悲観シナリオ)~ 

【調査対象】

・Web上にて「M2M(エムツーエム)」と言及している当該事業者(当該プレイヤー)・キーマンならびに知見者、研究者など。
 

【調査方法】

・弊社専門調査員による訪問ヒアリング、電話でのヒアリング並びにメールによる追加的な情報収集、弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査&レポート期間】

・2013年11月9日~2013年12月26日まで、実態調査(深堀調査)を実施した。 その後、さらに調査対象を拡げ(M2M×知見者、研究者など)、加えて公開統計収集を含む情報収集も実施した。その後レポーティング(集計&分析)を実施し、2014年1月25日に集計&分析ならびにコメント化が終了した。

【特別企画調査とは?】

1)「自主企画調査」が不特定多数を対象とした「調査レポート」(定価は10万円未満/冊)であるのに対し、「特別企画調査」は特定少数を対象とした「調査レポート」(定価は100万円未満/冊 ※CD-R付き)となります。
2) 「特別企画調査」を実施する背景には、お客様の方で「個別調査」に対して従来通りコスト(数百万円/テーマ~数千万円/テーマ)をかけられない!といったご要望にお応えするなどがあります。
3)つまり、「個別調査」を実施したいものの100万円未満/テーマしか調査予算がない「クライアント」様のご要望を満たすための「調査レポート」内容となっております。
4)基本的に、最低で5社以上からの「ご注文」または特定の企業様からの強い「ご要望」「リクエスト」があった場合に「特別企画調査」を実施しております。
5)なお、「特別企画」調査レポートは、個別調査、マルチクライアント式調査ではなく、あくまで出版物としての位置付けですので、権利の帰属、つまり成果物(本報告書及びその記載内容を含む)の著作権などは、(株)ESP総研に帰属します。

【トータル・ページ数(報告書)】

・1214ページ

<章別 ページ数 内訳>
Ⅰ章:305ページ
Ⅱ章:354ページ
Ⅲ章:524ページ
Ⅳ章:31ページ

 

【資料名】 『2014年「M2M(エムツーエム)」に関する今後5カ年(2014年度~2018年度)の対象セグメント別の普及シナリオ予測』
【頒価】 印刷タイプ+PDF(CD-R):本体価格950,000円+税 *部分販売 可、組み合わせ販売 可 (1)Ⅰ章のみ<PDF(CD-R)>:本体価格300,000円+税(2)Ⅱ章のみ<PDF(CD-R)>:本体価格300,000円+税(3)Ⅲ章のみ<PDF(CD-R)>:本体価格255,000円+税(3)Ⅳ章のみ<PDF(CD-R)>:本体価格95,000円+税<※全てカラーですが、目次タイトルリンク設定は行っていません。>
【発刊日】 2014年1月25日
【報告書体裁】 A4版 (1)印刷タイプ+PDF(CD-R)または (2)部分販売、組み合わせ販売 はPDF(CD-R)のみ
【ページ数】 合計1214ページ

 



 

COPYRIGHT(C) 2011-2020 DATA RESOURCES, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.